« 10月の西武ドームで聞いた音楽。 | トップページ | 首都、制圧。 »

新球団が継いだ、懐かしい名前。

 仙台に本拠地を置くプロ野球の新加盟球団は、東北楽天ゴールデンイーグルスに決まった。
 略称は、楽天イーグルスとするのだという。
 若い野球ファンには新鮮に響くであろう、この「イーグルス」という名前、戦前のプロ野球にも存在したことがある。
 昭和12年に誕生し、その後、黒鷲、大和と名を変えて、戦時下の昭和18年を最後に解散した。戦後の球団の系譜には、つながっていない。名捕手バッキー・ハリス、ハワイ出身の日系二世で、アンダースローのノーコン速球投手・亀田忠、柔らかい股関節から「タコ足」と呼ばれた名一塁手・中河美芳ら、個性的な選手を擁したチームだったという。米国人ハリスは昭和12年秋のリーグの最高殊勲選手に選ばれ、翌13年には本塁打王(6本)に輝いている。亀田はノーヒットノーランを2回達成した。

 この球団の創設者は、河野安通志という。早大野球部創設期のエースで、第一回早慶戦に先発し、第一球を投げた人物だ。大正8年に「日本運動協会」(芝浦協会、とも呼ばれる)を創設し、日本で最初のプロ野球球団をつくった人物でもある。

 今年は「日本プロ野球70年」とNPBはさかんに宣伝している。70年前の1934年、つまり昭和9年は、アメリカから招いた大リーグのオールスターチームと対戦させるために、読売新聞社が集めた選手たちによって、大日本東京野球倶楽部が作られた年だ。このチームが巨人軍になり、これを核として現在の日本のプロ野球リーグが作られた。従って、現在のプロ野球リーグ、すなわちNPBが70周年を自称する限り、これは間違いではない。だが、日本で最初のプロ野球チームは、それより前にも存在したことがある。

 河野が作った日本運動協会は、関東大震災で大きな打撃を受けて解散した。阪急の小林一三の援助を受けて、宝塚協会を作ったが、これも挫折。その後、正力松太郎が作った野球連盟に、一球団として参加したのがイーグルスだった、ということになる。戦争が終わった昭和20年冬、河野は解散した大和の選手を集めて「東京カッブス」という球団を結成し、野球連盟に加盟を申請するが却下され、幻に終わった。

 楽天の三木谷社長と彼のスタッフが、このような歴史を知った上で、「イーグルス」という名を新球団につけたのかどうかは知らない。NPBの異分子になるべき新球団にふさわしいとも言えるし、旧イーグルスの球団史および河野の苦闘を考えれば、縁起が悪い、と言えなくもない。
 いずれにしても、すでに彼らはスターティングブロックを踏んだ。あとは、走り出すしかない。個性ある選手を集めた魅力あるチーム、という点では、約70年前のイーグルスに似たものになってほしいと思う。

参考 Baseball Monthly http://www.hitbypitch.com/BM/back/043/kujib.htm
    小川勝「幻の東京カッブス」 http://www.puresoul.com/ogawa/
    

|

« 10月の西武ドームで聞いた音楽。 | トップページ | 首都、制圧。 »

コメント

こんばんは!

イーグルス、って以前にもあったのですか。

個人的にはライブドアの堀江さんの方を応援していたのですが、楽天はイルハンの時みたいに尻すぼみにならないことを、
祈っています(^^ゞ

投稿: cimbombom | 2004/11/03 23:40

>楽天はイルハンの時みたいに尻すぼみにならないことを、
>祈っています(^^ゞ

野球記者が書く記事には「楽天はサッカーでプロ球団経営のノウハウを持っている」って必ず書いてありますが、
今季のヴィッセルを見てると、とてもノウハウを持っているとは思えませんよね(笑)。
今度はアメリカから大金積んで大物選手を連れてくるのだろうか。
でも、今のMLBの年俸は、サッカーの世界水準より相当高いから、
イルハンに出した程度の金額では難しいだろうなあ。

投稿: 念仏の鉄 | 2004/11/04 00:54

 あいかわらずタイムリーにして的確な論考、舌を巻きます。
話は全然変わりますが、アルビレックス新潟はこのたび、震災のため、「がんばろう新潟」というロゴを腕に巻くことを決めたそうです。「ガンバ新潟」あるいは方言の「がんばろて新潟」のほうふさわしいのに、などと思っていたら本家のガンバにボロ負けしてしまいました。
 震災の年はオリックスが優勝したのですよね。
 ああいう心意気、ほしいなあ。
 
 東北の新チームのことですが、僕も何となくですが、最初に手を挙げていたライブドアを勝たせてあげたかったな。
 やることなすこと手堅い印象の楽天社長より、スキャンダラスで不安定なイメージの堀江氏&ライブドアのほうが、目が離せない気がしてよかったのでは?

投稿: penguin | 2004/11/07 01:43

95年のオリックスは、ヘルメットかユニホームに「がんばろう神戸」というワッペンをつけてシーズンを戦い、優勝しました。
アルビレックスは、災害以前の地元への浸透度は当時のオリックスより高いレベルだと思うので、まずは残りのシーズン、そして天皇杯に頑張ってもらいたいですね。

ライブドアという会社自体については私は判断できないけれど、GM人事は、楽天よりも面白いと思います。
ライブドア・ベースボールという会社は継続するようだし、いろいろ球団も売りに出ているし(笑)、堀江さんにその気があるのなら、数年のうちに手に入れることは不可能ではないでしょう。

堀江さんに関していちばん斬新だと思うのは、自分のチームの選手より年下のオーナーになる可能性があることです。三木谷さんも若いけど、そこだけは、工藤か川相でも取らないと難しい(笑)。

投稿: 念仏の鉄 | 2004/11/07 12:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50507/1852253

この記事へのトラックバック一覧です: 新球団が継いだ、懐かしい名前。:

« 10月の西武ドームで聞いた音楽。 | トップページ | 首都、制圧。 »