« 万人の夢を背負う男(3) | トップページ | 清原に見る「最後の昭和」。 »

鷲はいまだ舞い降りず。

 旧近鉄と旧オリックスの選手を、新オリックスと楽天イーグルスが山分けする分配ドラフトが実施されてから1週間。
 楽天イーグルスの公式サイトには、1週間後の11月15日午後10時現在に至っても、所属が決定した選手40人のリストが掲載されていない(一場投手の自由獲得枠指名内定も)。
 スピードがウリのインターネット業界から参入した新球団としては、いかがなものでしょうか(笑)。

 ま、いまだにオリックス・ブルーウェーブ公式サイトのままの新オリックスよりはマシかも知れないが。
(もっとも、こちらには分配ドラフトの結果が示されている。楽天入りの40人も、こちらのサイトでわかります)

追補
後述の通り、楽天公式サイトにはすでに選手リストもアップされた。また、上記のブルーウェーブ公式サイトにアクセスすると、オリックス・バファローズの公式サイトのアドレスに転送される。開設は2004年12月1日とのこと。(2004.11.27記す)

|

« 万人の夢を背負う男(3) | トップページ | 清原に見る「最後の昭和」。 »

コメント

よく考えれば、楽天は2年連続でJリーグとプロ野球に参入したわけで、きっと社員はまだ安定してないのに、今度は仙台でもっと大きな事業抱えちゃって、余計混乱しているんじゃないかと思います。

週末になるとどこかしらのスポーツイベントに現れる三木谷社長をみると、大変だなぁと。もう挙げた手を引っ込められませんからね。(笑)

投稿: ふくはら | 2004/11/16 04:17

ヴィッセルだって、まだ軌道に乗ったとは到底言えない状態ですからね。
ただ、これが3,4年頑張って、どちらもそれなりに定着できてきたら、三木谷さんはNPBとJリーグの双方を語ることができる、日本のスポーツビジネスの第一人者、ということになりますね。

投稿: 念仏の鉄 | 2004/11/16 10:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50507/1971731

この記事へのトラックバック一覧です: 鷲はいまだ舞い降りず。:

« 万人の夢を背負う男(3) | トップページ | 清原に見る「最後の昭和」。 »