« ジーターを見ていればわかること。 | トップページ | 坊っちゃんというよりは、うらなりっぽい古田だが。 »

5月になれば彼は。

 ときどきアクセス解析で検索語ランキングを眺めると、依然としてジョン・オルルッドの消息を求めて当blogへやってくる方が多いようだ(それとも同じ人が何度も来てるのだろうか?)。
 以前、コメント欄で問い合わせをいただいたかずひささんが、過去のエントリーのコメント欄に貴重な情報を寄せてくださった。ボストン・レッドソックスが彼に関心を示しているらしい。情報源であるESPNの記事を見ると、足の故障が長引いているが、5月1日にはプレー再開の準備をはじめるらしい、とも書かれている。
 ボストンの一塁手は、ケビン・ミラー、控えのデビッド・マッカーティともに右打者だし、K・ミラーは守備が下手なので、左打者で守備のいいオルルッドなら出場機会はありそうだ。
 同好の皆さん、期待して待ちましょう。

 …ってことは、同じ左の一塁手ロベルト・ペタジーニにはチャンスなし、ということか(彼も3月に膝を故障して手術したらしい)。


|

« ジーターを見ていればわかること。 | トップページ | 坊っちゃんというよりは、うらなりっぽい古田だが。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50507/3836025

この記事へのトラックバック一覧です: 5月になれば彼は。:

« ジーターを見ていればわかること。 | トップページ | 坊っちゃんというよりは、うらなりっぽい古田だが。 »