« 坊っちゃんというよりは、うらなりっぽい古田だが。 | トップページ | 新聞より遅い楽天公式サイト。 »

楽天に関根さんを。あるいは「1勝5敗の勝者論」。

 楽天のマーティ・キーナートGMが解任されたという。率直に言って、驚いた。

(前略)球団創設から携わるキーナート氏は、「球団の顔」として地元仙台にとどまらず幅広くPRに貢献してきた。しかし、GMの重要任務である編成部門では期待された外国人選手獲得ルートの乏しさもあり、十分機能しなかった。
 そこで、編成部門は広野功GM補佐が統括する形に変更。キーナート氏をGM職から、営業面やファンサービス拡大を補佐する「球団アドバイザー」に転じさせ、役割分担の明確化を図った。「アドバイザー」の肩書はあるが、外国人の不振などの責任を取った事実上の降格人事だった。(後略)(日刊スポーツ) - 4月29日9時57分更新

 この報道が事実なら、感心しない。

 私は彼が楽天のGMに就任した時に、スポーツライターとしての彼が書いた文章を徹底的に批判したことがある。ゼネラルマネジャーとしての手腕に対しても懐疑的だった。
 だが、実際に球団が動き出してみると、チームの戦力を整えるというGM本来の職務をしているのは広野編成部長で、キーナートGMは、実際には営業部門と外国人選手を担当しているようだった。安くて優秀な外国人選手を獲得する手腕が彼にあるとは思えなかったが、主に営業をやって、「ボールパーク構想」の実現を手がけるのであれば、それはそれでいいのではないかと思った。
 だから、上記の記事のようにキーナートと広野の持ち場を整理するというのは、適切な措置だと思う。

 私が「感心しない」と思ったのは、「解任」という言葉が一人歩きすることだ。球団はたぶん「解任ではない」「降格ではない」と言うだろうけれど、GMという肩書を彼から剥がすのなら、世間に「解任」「降格」と言っているのと同じことだ。
 それはつまり、せっかく、さまざまな地元メディアやイベントに顔を出し、親しまれ始めていた球団の広告塔としての彼の値打ちを、自ら暴落させることに等しい。「チーム不振の責任を取らされて降格された」人物を、誰がイベントに招きたがるだろうか。実利を求めるなら、GMという肩書は変えずに、役割分担だけを変えればよいではないか。チームの編成をしない人物にGMの肩書を与えるのはインチキだが、この非常事態に、そのくらいのインチキは仕方がない(というより、もともと彼がチーム全体を編成していたわけではないのだから、この肩書は最初からインチキなのだ)。
 この人事には懲罰の匂いがする。三木谷オーナー自身の突然の坊主頭もそうだが、巷間伝えられる楽天という企業グループの「体育会系体質」を思わせる出来事で、よい印象は受けない。

 私が東北楽天ゴールデンイーグルスという球団に期待していたのは、野球の試合で好成績を収めることではない。「成績は悪くても、そこそこ儲かる」というビジネスモデルを確立してくれることだった。そういう考えを抱くようになったのは、『エスキモーに氷を売る』という本を読んでからだ。

 プロスポーツ球団の経営において、「チームが強ければ人気が出て儲かる」という考え方には、二重の意味で無理がある。
 第1に、現実にはそんなことはない(笑)。70年代の阪急ブレーブス、80年代の西武ライオンズ、あるいは昨今の横浜マリノスなど、反証には事欠かない。
 第2に、仮にそれが事実だとしても、優勝するチームは年に1つしかない。1,2の強豪を除けば、他のチームは弱い。弱ければ儲からない、という経営をしていたのでは、儲からないチームの方が常に多数派になってしまう。これではリーグとして立ち行かなくなる。

 従って、プロスポーツクラブに必要なのは、「弱くてもそれなりに儲かって経営は回っていく。強い時には、もっと儲かる」という状態を作ることだ。実際にJリーグには、そういうクラブもいくつか実在している。
 三木谷オーナーには、そういう球団経営を目指し、これからの球団経営のモデルケースになってもらいたいと思っていた。

 実際のところ、今年の楽天ほど、負けることが社会的に許容されるチームは珍しい。
 戦力が足りないことは、誰もが知っている。まさに協力を惜しんだ球団たちが、楽天を叩きのめし続けている。地元の判官びいき感情を育てるには絶好の筋書きではないか。しかもJリーグと違って、パ・リーグに入れ替え戦はない。たとえ100敗したところで、来シーズンはやってくる。
 それならば、負けても、いや、負ければ負けるほど世間の関心や人気が高まり、観客が押し寄せる、そんなチームを狙うことさえ、今年の楽天ならば可能なのだ。そして、最低最悪の初年度からスタートすれば、来年以降は、ちょっと勝っただけで誰もが幸せになれる。「地元ファンとともに苦難を乗り越える成長物語」の条件を労せずして手に入れることができるのだ(浦和レッズの優勝があれほど盛り上がったのは、初期の「Jリーグのお荷物」状態からの歴史も一役買っているはずだ)。

 そんな球団を率いるのにもっともふさわしい人物が、日本にひとりだけいる。
 関根潤三である。

 ヤクルトの監督時代、彼はチームが勝とうが負けようがおっとりと構えて、池山や広沢がどれほど三振しまくろうとフルスイングすることを許し、とうとう日本を代表する打者に育て上げた。関根さんが育てた人材を引き継いで、野村克也が「勝つ監督」として黄金時代を築いたのが90年代のヤクルトである。『一勝二敗の勝者論』などという無茶なタイトルの本を書けるのは関根さんのほかにはいない。
(当blogは原則として敬称略だが、彼だけは「関根さん」と呼ぶことをお許しいただきたい)。
 80歳に近い関根さんに監督をやらせろとは言わない。だが、一昨年までニューヨーク・ヤンキースのベンチにいたドン・ジマーのような役割を、彼なら果たせるのではないか。関根さんが田尾の相談役としてベンチに座っていたら、それだけでチーム内外のギスギスした雰囲気は、だいぶ緩和されるのではないだろうか。現在のコーチ陣とは世代的に一回り違うので軋轢も生まれようがないだろう。田尾とは「プロ野球ニュース」仲間だし。

 というわけで、三木谷オーナーには、どうしてもコーチ人事をいじりたいのなら、関根さんに相談してみることをお勧めする。引き受けてもらえなかったとしても、関根さんと話せば、連敗なんて大した問題じゃないような気分には、なれると思う。

 それより何より、関根さんには似合うと思うんだよな、あの臙脂のユニホーム。

|

« 坊っちゃんというよりは、うらなりっぽい古田だが。 | トップページ | 新聞より遅い楽天公式サイト。 »

コメント

私も関根監督、好きでした。ボコスカ打たれたピッチャーに交替を告げる場面で、何が嬉しいのかニコニコしながら、手の中でボールをこねながらマウンドに向かう姿が好きでした。
関根時代のヤクルトは勝っても負けてもベンチが妙に明るく見えました。野村監督以降のヤクルトには興味を失いました。

投稿: にゃん | 2005/04/29 21:23

キーナートGMの肩書きを実態に合わせたというのは興味深い話です。まあ、スポーツ新聞は多少話を膨らませすぎるところがあるし、三木谷さんはマスコミリークで処分を下したようにすれば、選手にショックが与えられると考えたのかもしれません。そのことはおいといて、本題の関根さんの話に移りましょう(笑)。

楽天は今年は確かに好成績を挙げるのは難しい状況がそろいすぎています。こういう状況は監督のしかめっ面はマイナスでしかないと思います(もう一つの不振な金持ち球団もそうですね)。関根さんのにこやかな表情が雰囲気を和ませるのは容易に想像できます。

田尾さんの置かれている状況は上位を眺めるしかない状況で、シーズン終了時にどれだけ順位を上げられるかというところですが、三木谷オーナーの方はさすがに企業イメージダウンをふせぐためにもう少し早めに結果が欲しくなってきたってところですか。

また監督とオーナーの緊急会談があったようですが、このギャップが埋まっていかないとこのちぐはぐな状況は続くんでしょうかねぇ。

何を言いたいのかとっ散らかってしまいましたが、関根さんの登板もありかと思いますが、田尾さんは今でも十分やってると思いますよ。
もう少し選手が意地を見せれば何とかなるでしょう。松坂を打ち砕いての今日の勝利はきっと自身になると思いますよ。

投稿: エムナカ | 2005/04/30 00:18

>にゃんさん
こんばんは。書き込みありがとうございます。
そう、私も、関根さんのマウンドに向かう表情が好きでした。落合とは違った性質の落ち着きがありましたね。

>野村監督以降のヤクルトには興味を失いました。

ヤクルトは野村監督になってから、栗山・苫篠・一茂が干されて、飯田・荒井・土橋あたりが重用されるようになりました。つまり、「大卒・長身・イケメン」から「高卒・短躯・猿顔」へ(笑)。監督の好みなのか偶然なのかはわかりませんが(笑)。

>エムナカさん
>本題の関根さんの話に移りましょう(笑)

もともとキーナート問題を書いているうちに、気がついたら関根さんの話になっていたので、どちらが本題なのかは書いた当人にもわかりません(笑)。

>もう少し選手が意地を見せれば何とかなるでしょう。

ラミレスやウッズぐらいの芯があれば打線もだいぶ違うでしょうしね。その意味では、やはりキーナートの失敗は痛いな。

投稿: 念仏の鉄 | 2005/04/30 01:24

トラックバックありがとうございます。
自分のところのコメントではキーナートのことについて書いたので、こちらでは別の話についてを。


>私が東北楽天ゴールデンイーグルスという球団に期待していたのは、野球の試合で好成績を収めることではない。「成績は悪くても、そこそこ儲かる」というビジネスモデルを確立してくれることだった。

全く同感です。これがないとどんなスポーツでも成り立たないのですから、下の球団が「それでも儲かる」ことを見せ付けることが、今のプロ野球に必要なのだと思います。


ところで、昔から私にとって関根潤三という人間は全く理解できませんでした(笑)物心ついたときにヤクルトを率いてましたが、「こんなやる気ない(ように見える)おじいちゃんが何で監督やってるんだ、というかホントに元選手なの?」というのほほんさが、子供ながらの印象で…。私は(私の世代が?)一番野球を見ていた時期(野球観が育つ時期といいますか)に野村がヤクルトを率いた時期がぴったり重なっているので、関根さんはどうしてもそれと相対的に見てしまうのかもしれません。今なら楽天で長期的な野村戦略を見てみたいのが私の正直な本音だったりするのです…。

投稿: アルヴァロ | 2005/04/30 10:54

.アルヴァロさん
TBありがとう。もともとこのエントリーは、アルヴァロさんのblogのコメント欄に書いていた文章が、長くなりそうなのでこっちに持ってきたものでした(笑)。

>こんなやる気ない(ように見える)おじいちゃんが何で監督やってるんだ

まあ、私も関根さんが名監督だとは言いません(笑)。80年代に横浜、ヤクルトの監督を歴任しましたが、両球団とも、(80年限りでジャイアンツを離れていた)長嶋茂雄を監督に招くための下準備として長嶋と親しい関根さんを監督にしたのだ、と言われていました。関根さん自身もそれを認めるような発言をしています。こだわりがない人柄というか何というか…。

>今なら楽天で長期的な野村戦略を見てみたいのが私の正直な本音だったりするのです…。

野村監督には、目先の勝利をつかむ能力はあっても、長期的な戦略はないと思います。ヤクルト時代に「野村再生工場」と言われていましたが、西村、川崎、岡林、伊藤智仁と主力投手の名を書きだせば、同時に「解体工場」でもあったことがわかります。今の楽天と似たようなチーム状態だった阪神では、成果は残せなかったわけですし。

投稿: 念仏の鉄 | 2005/04/30 12:36

そう考えると言えてますね。ヤクルトで成功、阪神で失敗、そしてシダックスでまた成功…確かに楽天は阪神タイプで、無理かもしれません(苦笑)

思えば鉄さんが上に挙げられたヤクルト投手も、ほんの10年前の選手なんですね。あまり意識していませんでしたが、確かに「解体」されてます。星野仙一のような酷使したイメージ(ちなみに私は星野は大嫌いです。笑)はあまりないんですけどね…

投稿: アルヴァロ | 2005/05/01 04:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50507/3906888

この記事へのトラックバック一覧です: 楽天に関根さんを。あるいは「1勝5敗の勝者論」。:

» 楽天11連敗でストップ [クラシック映画館 兼 ミステリ小劇場]
見事な楽天の集中打だ。逆に5回以降はノーヒットである。クローザー福盛も長い回をよ [続きを読む]

受信: 2005/04/29 16:42

» 田尾自体がどうなんだ? [AtleticoTokyo〜アトレチコ東京〜]
「ファンも見放すぞ」楽天・田尾監督が9連敗に激怒!楽天の失速は予想以上だった。私の個人的な今シーズンの予想では、5月までは他チームに喰らいついていって盛り上がる。6月以降疲労でけが人も出始めて大きく失速…くらいだと思っていた。まさか2/146で失速するなん...... [続きを読む]

受信: 2005/04/30 10:22

« 坊っちゃんというよりは、うらなりっぽい古田だが。 | トップページ | 新聞より遅い楽天公式サイト。 »