« キング・カズが横浜に降臨した夜に。 | トップページ | 「三角ベース普及プロジェクト」からの呼びかけ。 »

今日が日本の敗戦記念日。

 日本が第二次大戦に敗北した日は、何月何日でしょうか。

 そう問われたら、ほとんどの日本人が8月15日と答えるだろうと思う。
 8月15日は、昭和天皇が敗戦を受け入れることを、ラジオ放送を通じて国民に呼びかけた日だ。いわゆる「玉音放送」である。

 昭和天皇と日本政府がポツダム宣言を受諾することを決め、連合国軍に向けてその旨を通告したのは8月14日。そして、東京湾までやってきたアメリカの戦艦ミズーリ号の上で、日本の代表が降伏文書に署名したのは、今日9月2日だ。
 イラク戦争のように敗戦国の政府が瓦解して降伏する主体が存在しない場合には、戦争の終わりを特定するのは難しい。しかし、日本の場合はそうではなく、極めて明瞭な形で日付が特定できる。アメリカ合衆国は今でも日本に対する戦勝記念日(VJ-Day)を9月2日としている。

 それなのに日本人が「8月15日」を「終戦記念日」にしているのはなぜか、という問題については、佐藤卓己『八月十五日の神話』(ちくま新書)が詳細に分析している。一言でいえば、それは戦後メディアが作り上げた「神話」だ、というのが佐藤の考えだ。そして、メディアがなぜそうしたかといえば、旧盆という死者を追悼する伝統行事との結びつきが大きい、と佐藤は考えている。卓見だと思う。

(スポーツ系blog(笑)としての関心から言えば、夏の甲子園もまた事実上お盆の行事の一環であり、それ故に坊主頭や女人禁制が長年守られ、頑ななまでの倫理性が要求されるのだ、という佐藤の考えは傾聴に値する。ただし、旧日本軍が、上官が理不尽に一兵卒を殴りまくることが日常化した組織であったことを考えると、甲子園の優勝校で部長が部員を数十発殴っただけで優勝を取り消すの取り消さないのという騒ぎになるのは、いささか皮肉な現象でもある)


 「8月15日」を「終戦記念日」とする風習には、2つの点で、まやかしがある。

 ひとつは、上述の日付の問題。
 戦争には必ず敵が存在する。敵がなければ始まらないし、終わりもしない。その意味で戦争とは、徹底的に国際関係の中に起こる現象である。
 だが、「玉音放送」をもって戦争の終結とする認識の中に、相手国は存在しない。あれは日本国民に向けた内輪の宣言であり、対戦国に対するものではない。「玉音放送」がそのまま世界中に放送されたと思っている人はいないだろうが、ではアメリカやイギリスや中国はいかにしてそれを知りえたのか、という疑問は、例えば甲子園の黙祷中継の中からは生まれようがない。

 もうひとつは「終戦」という言葉の持つニュアンスだ。
 「終戦」は、勝敗に対してニュートラルであり、まるで自然現象として戦争が勝手に終わったかのような印象を与える。「敗戦」の苦々しさは、そこからは綺麗に漂白されている。
 日本がアメリカと戦争をして敗けたことを知らない若者が一定数存在するらしいという噂をしばしば耳にするが、これが「敗戦記念日」と呼ばれていれば、少なくとも日本が戦争で敗けたことだけは自動的に認識されるはずだ。

 この2つのまやかしに共通する心性は、「徹底的に内向き」であることだ。日本人の外交感覚の欠如は、例えばこのような事象によって日々涵養されているのだろうと思う。

 8月15日に黙祷を捧げることをやめろとは言わない。死者を悼む儀式は必要だ。上述の本の中で佐藤卓己は「ひとまずは戦争責任の議論と戦没者の追悼は、その時空を切り離して行なうべきだと考える。そのためには、お盆の『8月15日の心理』を尊重しつつ、夏休み明けに『9月2日の論理』をもつべきだろう」と書いている。
 「八月一五日を『戦没者追悼の日』、九月二日を『平和祈念の日』としたい。八月一五日のお盆に慰霊供養を行い、九月二日には近隣諸国との歴史的対話をめざすべきだ、と私は考える。すなわち、民俗的伝統の『お盆=追悼』と政治的記憶の『終戦=祈念』を政教分離するのである」
 9月2日の存在を国民に認識させることが、まず必要だと私も思う。8月15日だけでは足りない。

 偉そうに書いてきたが、私自身も、敗戦が確定した日が9月2日であることをはっきり認識したのは、つい数年前に過ぎない。私が間抜けなだけならよいけれど、そういう人が圧倒的に多いのだとしたら、それはやはりいささか間違ったことだと思う。今日のテレビ欄に、敗戦に関する特集番組は見当たらない。8月15日前後には、あんなにたくさんあったのに。

|

« キング・カズが横浜に降臨した夜に。 | トップページ | 「三角ベース普及プロジェクト」からの呼びかけ。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50507/5745646

この記事へのトラックバック一覧です: 今日が日本の敗戦記念日。:

« キング・カズが横浜に降臨した夜に。 | トップページ | 「三角ベース普及プロジェクト」からの呼びかけ。 »