« マシュー南なんて奴は知らん。 | トップページ | 千葉ロッテのデータ分析は、アウトソーシングの手本でもある。 »

日本シリーズに見た、バントの怖さ。

 日本シリーズ4試合を通じて呆れるほど打ちまくった千葉ロッテだが、私には、初戦で見せた2つのバントが印象に残っている。

 ひとつは今江のバント。
 1-0とリードした3回裏。四球で出塁した西岡が、初球から走って二塁に刺された。チームを牽引してきた盗塁王の失敗が悪い影響をもたらすのでは、などと考える間もなく、今江は次の球を三塁方向に巧みに転がして、頭から一塁に滑り込んだ。内野安打。井川を翻弄した今江の小技は、得点には結びつかなかったものの、盗塁死の嫌な印象を一瞬で払拭した。

 もうひとつは、その西岡が見せたバントだ。
 同点に追いつかれた5回裏、先頭の渡辺がヒットで出た。勝ち越しの走者を一塁において、西岡は右方向に強めのバントを転がした。一塁手シーツは普通の送りバントを予想していたのだろう。反応は遅かった。投手と一塁手の間を緩やかに抜けたボールにシーツが追いついた時には、西岡は一塁に駆け込んでいた。チャンスは無死一、二塁と広がり、続く今江とサブローのタイムリーで、ロッテは再び4-1とリードする。

 今江はもちろん、西岡のプレーもベンチからのサインではない(「『打て』のサインだった」と西岡は話している)。高卒4年目の今江、同じく3年目の西岡が、それぞれ自分の判断で状況を変えようと試みたバントは、試合の流れをぐっとロッテに引き寄せた。


 阪神の命運が尽きた第4戦でも、2つのバントが印象に残っている。

 3連敗で土俵際に追い込まれて迎えたこの試合での阪神は、藤川、ウィリアムス、久保田と出し惜しみしていたリリーフ陣を繰り出し、今岡と桧山のタイムリーで2-3と追いすがって、終盤に希望をつないだ。
 8回裏に先頭の鳥谷が出塁すると、3番シーツはバントを試みる。西岡のプッシュバントを真似たような動きだったが、高目の球に無理に当てた打球は力なく上がってしまう。投手・薮田はこれを難なくキャッチして落ち着いたのか、続く金本、今岡を連続三振に取った。

 9回裏にも同じような光景が繰り返された。小林雅英が先頭の片岡を歩かせると、このシリーズの阪神で唯一当たっている矢野が送りバント。しかし、初球は大きく後ろにそれるファールとなった。2球目も低めの球に慌てたのか小飛球となり、思いきりよく突っ込んできた今江が投手と捕手の間に落ちた球をダイレクトに捕球。即座に一塁に送球すると、代走の久慈は戻ることさえできなかった。二死無走者。ピンチは一瞬で消滅し、小林は、続く藤本から三振を奪うだけでよかった。

 テレビ画面を通して見る阪神の選手たちは、硬直していた。この試合、チャンスは作るものの、ほぼ同じ数の拙攻が繰り返された。矢野が四球で出塁して牽制で刺される。金本に待望の初安打が出ると、今岡が併殺打。ほのかな希望が生まれては、即座に潰えていく。選手たちは悔しさを表現することさえ禁じられたかのように、能面のような無表情でベンチに戻っていく。
 2年前のリベンジを目論み、日本一を目指していたはずなのに、満員の甲子園のファンの前で1勝もできないまま、日本シリーズを去ろうとしている。そんな重圧が、選手たちから表情を奪っていったように思う。

 2つのバント失敗も、そんな緊張から起こったもののように見えた。「無死一塁の同点走者」という手持ちの財産を失いたくない気持ちが透けて見えるようだった。
 何かを失うことを恐れるあまり行なった行為によって、まさにそれが失われてしまう。松本清張の小説によく出てくる、過去の犯罪の発覚を怖れながら暮らす人間を内側から苛む黒い陰のようなものが、阪神の選手たちを覆っているようだった。


 送りバントという行為には、投手と打者との間で行われる暗黙の取引のようなところがある。
 送りバントを多用する監督が「つまらない野球」という批判を受けやすいのは、バントが行われる時のグラウンドから緊張感が失われるからだろう。アウトひとつと引き替えに走者を次の塁に進める、という予定調和に陥りかねないプレーであることは確かだ。
 しかし、一方のチームがその「暗黙の談合」を破棄し、交渉のテーブルを蹴り倒すようにして予定調和を覆すと、局面はたちまち衝撃と緊張に満ちたものに変わる。予定調和に安住しようとした隙を突かれたショックは、勝負に臨んで敗れた時よりも、大きなダメージとなる。

 ロッテの野球は、予定調和に安住してはいなかった。この試合でイ・スンヨプは、ウィリアムスと対戦した第3打席で、打球がセンター赤星の頭を越え、フェンスに跳ね返って赤星と逆方向に逸れたと見るや、果敢に三塁を目指した。結果的には完全にアウトだったが、ベンチに戻ったイは、まるでタイムリーでも打ったかのように僚友たちに迎えられ、悪びれずに握手に応じていた。プレーオフと日本シリーズを通じて、イやベニーのように決して足が速くない走者にも、隙あらば失敗を怖れず次の塁を目指すという果敢な姿勢が徹底されていた。
 そんなチームだからこそ、攻撃の際にも守備の際にもバントを通じて相手を攻める姿勢を保ち、バントを封じることで相手の心をくじいたり、バントを用いて相手守備陣を混乱に陥れたりすることができるのだろう。使い方次第で、バントは大砲より怖い凶器となりうる。


 日米のプロ野球でもっとも数多くの送りバントを成功させた川相昌弘は、「サラリーマンの鑑」のように言われてきたが、実はものすごく闘争的な性格の持ち主らしい。自分がミスをした後、しばしばベンチの裏で灰皿や壁を殴ったとか蹴ったとかいうエピソードがあるし、ジャイアンツ時代には、ヘッドコーチだった堀内恒夫前監督と殴り合いの喧嘩をしたこともある(赤坂英一『バントの神様』等による)。
 送りバントを命じられた時(とりわけ、あからさまにバントのためだけに代打に起用される時)、川相の表情は誰よりも真剣だ。予定調和を予定調和のままで破綻なく終わらせるのが、どんなに困難なことであるのか。それが破れた時、どんなに悲惨な事態が待っているのかを、たぶん川相は誰よりもよく知っているのだと思う。

|

« マシュー南なんて奴は知らん。 | トップページ | 千葉ロッテのデータ分析は、アウトソーシングの手本でもある。 »

コメント

考えてみるとロッテの打線って、どの打順の選手もバントそれなりにこなすんですよ。

まあ、3番福浦以外はほとんどの選手がいろんな打順を経験しているんですから、バントもできなきゃいけないってことでしょう。

で、打順を毎試合変更するのって従来の考え方ではリスクのある方法なんですが、クリンナップの重圧が分散されるメリットもあるわけです。サブローは「つなぐ4番」と言われており、サブロー自身もそれを自覚していますが、バレンタイン野球には長距離砲は必ずしも必要ないので、勝負強い選手の方が4番に向いている、そういう考え方なのではないかと思っています。

阪神のクリンナップが完全に押さえ込まれて、矢野が孤軍奮闘しているのが気の毒でしたが、もし阪神の監督がボビーのクローンだったら、やっぱり日替わり打線をシーズン中から組んでいたでしょう。

シリーズで普段と違うことをやってもうまくいかないと信じて基本戦略を変えなかった岡田監督ですが、もう少し早めに動いていたら流れが変わっていたかもしれない局面も何度かあり、やっぱり見えない力(1戦目の濃霧のように)でロッテを後押ししてくれた何かの存在があったのかもしれません(それがプレーオフを勝ち取った自身に起因するものかもしれませんが)

投稿: エムナカ | 2005/10/29 01:20

ロッテ勝利の起点になった西岡のバントはともかく、今江のバントがもたらしたものに注目されたところは「なるほど」と唸らされました。さすがですね。
振り返ってみると、プレーオフ、日本シリーズを通じて印象的なバントが多かったですね。特に印象に残っているのは、第2ステージ第4戦の大塚のバント失敗の場面です。大塚が打席に立ったとき、息子は「投手交代だね」といったのですが、私は「ここは100%バントだろ。バントの後でもいいんじゃないの」と不覚にも考えてしまいました。
バント処理にすべてを賭けていた吉武をはじめ、バント処理も考えての上で吉武への交代を指示した王采配、そして打席に立った大塚もバント処理を想定した吉武への交代を予想していたことなどを試合後のコメントで知りました。当事者たちのバントへの思いが凝縮した、本当にプロらしいにいい場面を観ることができて幸せでした。
そんな場面の前に、鉄さんご指摘の「予定調和」を自分が感じていたこと、お恥ずかしい限りです。

投稿: 考える木 | 2005/10/29 11:45

>エムナカさん

融通無碍のバレンタイン采配の中で、サブローの四番には不思議なほどこだわっていましたね。しかもランナーが2人いてもバントもさせない。他の選手がのびのびとやっていただけに、プレッシャーを1人で引き受けてもらおうということだったのでしょうか。


>シリーズで普段と違うことをやってもうまくいかないと信じて基本戦略を変えなかった岡田監督ですが、

投手起用については監督の責任が大きいでしょう。どの試合も、先発投手がいきなり崩れたわけではなく、大量点が入ったのはすべて5回以降ですから、JFKを出し惜しみせず、早めに手を打っていけば、ここまで大差がつくことはなかったかも知れません。

初戦を大差で負けたチームは、しばしば馴らし運転のために主要なリリーフ投手を登板させることがあります。霧によるコールドは、その機会をなくしたという点でロッテに有利になる(ロッテのリリーフ陣はいまさら馴らす必要もないので)と、その時点では思ったのですが、2試合目以降を見ていると、岡田監督はそういう使い方はしそうにありませんでしたね。

投稿: 念仏の鉄 | 2005/10/29 12:11

>考える木さん

>今江のバントがもたらしたものに注目されたところは「なるほど」と唸らされました。

ありがとうございます。後から考えると、ロッテは走塁の失敗を気にしない雰囲気があるので、西岡の盗塁失敗も、外から思うほどのショックはなかったかもしれません。ただ、阪神側の雰囲気は確実に悪くなったはず(笑)。
ロッテの選手、特に今江は伸び伸びと楽しそうでしたね。そういう状態だから、ああいうプレーを思いつくのでしょう。

>特に印象に残っているのは、第2ステージ第4戦の大塚のバント失敗の場面です。

いいプレーでしたね。守備側が本気でバントさせない(あるいはさせて走者を殺す)つもりであれば、送りバントはそう簡単なプレーではないと思いますが、シーズン中はあっさり送らせてしまうことが多いように見えます。
とはいえ、投手にとっては、無死一塁からバントで一死もらうことで落ち着ける、というケースもあるようなので、守備側がリスクをとってバントを封じるべき場合と、送らせてよい場合があるということなのでしょう。

投稿: 念仏の鉄 | 2005/10/29 12:27

福岡ヤフードームに「王貞治ベースボールミュージアム」が今年できましてファンには感涙ものなのですが、その展示映像で王さんのインタビューがあり、現役時代のバント守備について語っておられました。

「送りバントだってね、何とかしてアウトにしてやろうと思ってね。舌なめずりするような気持ちで構えてたな。」

うおおっ、怖いです。野獣の闘争本能丸出し(笑)。

じっさい、ファースト・王とサード・長嶋が怒濤の迫力で殺到してくる当時のジャイアンツ守備は本気で迫力があったようで、送りバント阻止率はかなり高かったのではないかと。

ONは、守備においても「予定調和」を破壊する存在であったのだと思います。だから、みな彼らから目を離せなかったのですね。

投稿: 馬場 | 2010/08/24 16:07

>馬場さん

王貞治ミュージアム、一度訪れたいものだと思ってます。

王選手の守備については、V9時代にチーム戦術を担当していた故牧野茂さんが、著書「巨人軍かく勝てり」の中でこう書いています。

<複雑なチームプレーやバント・シフトをみごとにこなし、投手出身だけあって強肩でコントロールがよく、たとえホームランを打たなくてもダイヤモンドグラブ賞の一塁手である>

同書には、無死一、二塁からのバント守備にはどのようなやり方があるかを、「三本間にバントさせて三塁で殺す方法」「二塁走者にスタートを切らせずバントさせて三塁で殺す方法」「二塁走者を牽制で刺すピックオフプレー」「バントさせて一塁走者を二塁で刺す方法」など、試合展開と目的に分けて、こと細かに記しています。
そんな細かい要求をきちんとこなしていたという点では、王一塁手も、そして長嶋三塁手も、単に「捕って投げるのが上手」というレベルを超えて、相当な水準の守備者だったのでしょう。

投稿: 念仏の鉄 | 2010/08/24 23:37

王選手が「舌なめずりするような気持ち」で守備についていたなんて、少し意外です。
守っている間も頭の中は打撃のことで一杯というタイプかと思っていました。
実際、一塁への送球がファーストミットに収まる寸前に足がベースから離れてしまう独特の守備を見ると、どこかうわの空という印象を受けたものです。ホームランを打っても険しい顔でダイヤモンドを一周するような人なのに、守備の際は走者に話しかけたりして、あんまり緊張感が伝わってきませんでした。「打撃に比べれば守備は気を抜いていた」と御本人が語っていたような記憶もあるのですが…。

王選手の守備は確かに一流でしたが、同時代の一塁手では大洋の松原選手の印象が強いです(あのタコ足)。ダイヤモンドグラブが貰えないのは、王との打力の差なのかと不思議に思っていました。守備の賞なのに。
ですが鉄さんのコメントを読んで、「個人として名人技を有していた弱小チームの選手」と「常勝チームの高度に組織化された守備の中でプレーした選手」という差もあったのかなと改めて考えました。

投稿: えぞてん | 2010/08/26 01:58

>えぞてんさん

馬場さんが引用された談話が、時期を限定したものかどうかはわかりませんが、守備一般ではなくバント守備について語られたものである点には留意する必要があります。

私がひとつ前のコメントで書いたように、V9ジャイアンツにおけるバント守備とは、バッテリーと内野手が一丸となって相手走者を罠にかける狩りのようなものですから(さらに、日本では先駆的な守備をしているという自負心もあったはず)、参加する選手は誰もがおのずと「舌なめずりするような気持ち」になるのではないかと想像します。

>同時代の一塁手では大洋の松原選手の印象が強いです(あのタコ足)。

「タコ足」というのは、戦前のプロ野球で名一塁手とされる中河美芳選手の異名でした。一塁ベースに片足を吸い付けたまま開脚し、どんな送球も捕ってしまうところからつけられたものです。つまり、戦前の野球が一塁手に要求した最たる能力は「内野手の送球を確実に受けること」だったのでしょう。

バントシフトなどのフォーメーションプレーの中で一塁手が果たすべき役割が複雑化したのは戦後、おそらくはこのV9ジャイアンツあたりが転機になったようです(「あんなのは私らもやっていた。別に珍しくはない」と豊田泰光氏はどこかで書いてましたが、そうだとしてもそれはたぶん西鉄全盛期の選手たちの個人的技芸であり、組織的にマニュアル化したのは、やはりV9ジャイアンツあたりが嚆矢になるのではないかと思います)。

松原選手の開脚捕球は私の印象にも残っていますが、彼の守備が中河型どまりだったのか、現代野球の一塁手としても優秀だったのかは、私の記憶の中でははっきりしません。ただ、彼が在籍した当時の大洋ホエールズの負けっぷりには、チームとしてジャイアンツに匹敵する組織的守備を導入していたとは考えにくいものがあります。

ネット上を眺めても、松原選手について「王より守備が巧かった」と断言する文章は多いのですが、その根拠として開脚捕球以外の要因を挙げたものを見つけることはできませんでした。

ま、ダイヤモンドグラブ賞が純粋に選手の守備力を反映したものだったとは考えにくい(特に初期には)のも確かですが。

投稿: 念仏の鉄 | 2010/08/27 02:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50507/6668110

この記事へのトラックバック一覧です: 日本シリーズに見た、バントの怖さ。:

« マシュー南なんて奴は知らん。 | トップページ | 千葉ロッテのデータ分析は、アウトソーシングの手本でもある。 »