« 根本陸夫、最後の傑作。 | トップページ | 名もない野球人へのまなざし<旧刊再訪> »

『野村ノート』を読む前に知っておきたい2,3の事柄。

 今週発売の週刊ベースボール2.13/20号の連載コラム「オレが許さん!」で豊田泰光が野村克也楽天監督を批判している。このところ、野村克也の言動に呆れる機会が何度かあったのだが、このblogで触れそびれていたのを思い出した。いい機会だから、まとめて書いておく。
 豊田が批判していたのは、この発言だ。

ノムさん 石井一に報復予告  「ぶつけてやるから打席に入ってこい」

 楽天・野村克也監督(70)が19日、ヤクルト復帰を決意した前メッツ・石井一久投手(32)へ報復予告した。楽天は同投手の獲得を目指して交渉してきたがこの日、野村監督のもとへ石井本人から断りの電話があったことを明かし、「年俸つり上げに利用しやがって」と大激怒。「交流戦ではぶつけてやる」と宣言した。(後略)(スポーツ報知 2006.1.20付)

 この記事に紹介された野村のコメントを抜き出してみる。
「(楽天は)無駄な努力をした。予想通りの展開やな。あいつらはホモみたいな関係だからな」
「(年俸提示が)一番低いのがヤクルトだった。年俸つり上げに(楽天を)利用しやがって」
「交流戦が楽しみ? ぶつけろーっ。当ててやるから打席に入って来い」

 他紙にもほぼ同様の記事が載っていたから、野村は記者会見でこの通りのことを話したのだろう。
 豊田は上記のコラムの中で「悪態の品のなさに寒気がしましたよ。どうして他人様に向かってこんなことが言えるの。」とたしなめている。同感だ。この暴言を相手にしなかった石井の方がよほど大人である(笑)。

 ネット上には掲載されていないが、この日の報知の紙面には、野村の過去の言動も紹介されていた。
 私がよく憶えているのは、ダイエーのサイン盗みが問題になっていた98年秋に、「ヤクルトからトレードで来た人が“やっている”って言っている」と話した佐々木主浩投手(当時横浜)を非難したことだ。当時の報知によれば、野村はこう話したことになっている。

「若い人があれだけチヤホヤされると調子に乗るんでしょうな。人の噂を信じてああいうことを言う。野球バカもいいところだ」
「軽率以前の問題。非常識極まります」
「ユニホームを脱いだら、ただの大男のバカだよ」

(スポーツ報知 1998.12.5付)

 こちらは記者相手ではなく、一般向けの講演会での談話を記録して記事にしたものらしい。クローズドではあるが、公の場には違いない。
 佐々木は発言後すぐに球団に叱られたらしく、すぐ撤回して謝罪を表明している。野村もそれを知っているはずだが、にもかかわらず徹底的に非難している(むしろ相手が白旗を掲げたから、余計に居丈高になっているという可能性もある)。

 ここまで言うからには、野村自身はさぞ品行方正で何らやましいところがないのだろう、と思うのが人情だろう。そう信じてしまった人には、ぜひ読んでいただきたい本がある。
 朝日文庫から刊行されている『野球はアタマでやるもんだ』は初版1985年。1980年に現役を引退した野村が、評論家として週刊朝日に連載したコラムをまとめた本から、さらに抜粋して再構成されたものだ。

 この中に、サイン盗みに関する記述がある。
「スパイ作戦で名を馳せたのは阪急である。」
と、西本監督時代の阪急ブレーブスが外野スタンドから捕手のサインを解読して打者に伝えた手法を説明した後で、こう書いている。
「何を隠そう、私自身もスパイ作戦の陣頭指揮をとったことがある。」

 考え抜いた配球が盗まれていたのが悔しくて、目には目を、と思ったのだそうだ。打者のユニホームの内側に受信装置をつけて盗んだサインを知らせる機器まで開発したが結局は失敗に終わった、と笑い話のように記した後で、こうも書いている。
「私はスパイ作戦にはしてやられる場合のほうが多かったわけだが、ルールに反することではないし、スパイを責めようとは思わない」

 本書の刊行から13年の間に、ずいぶんと考えが変わったらしい。

 本書の中には、阪急の盗塁王・福本豊の足にてこずったエピソードも書かれている。何をやっても封じることができない野村捕手兼監督は、最後にこんなことを思いついたという。
「あの足を封じるのは、福本を休ませるしかない。それにはぶつけるしか手がなかろうというので、実際にやってみた。といっても、打席に立っているときにわざとボールをぶつけるのは穏やかではない。こちらのバッターが仕返しをされる恐れもあるというので、ランナーに出た福本にボールをぶつけることにした」

 で、福本が二塁走者の時に実際にやってみたが、身を躱されただけだったという。
 これも笑い話のように書いているが、「福本を休ませる」というのは、ケガをさせるということだ。同じ野球人を、実力では押さえられないというだけの理由で傷つけようとしたことを、笑い話や自慢話のように本に書くという神経が私には理解できない。
 こうなると、冒頭の記事にある「当ててやるから打席に入ってこい」という言葉も、冗談や誇張ではなく本気である可能性がある。自分のものにならないなら壊してしまえ、と生身の投手に対して、この人は本気で思っているらしい。

 25日には監督会議に出席して、ここでも奇妙な演説をぶっている。

楽天野村監督、熱弁20分通じず

 ノムさん独演会も結果は…。12球団監督会議および実行委員会が25日、都内ホテルで行われ、5年ぶりにプロ野球に復帰した楽天野村克也監督(70)が11監督を前に「ノムラの考え」を披露した。予告先発などパ・リーグ独自のルール改正を求めて約20分間、持論を展開。パ5球団は受け入れなかった。(後略)(日刊スポーツ 2003.1.16付)

 彼はこんな話をしたそうだ。
「予告先発は監督が楽なだけ。野球は知識、情報を駆使した9割が読み。しかも8割が投手。そういう能力がなくなるから、人材も育たない。野球の本質を見失わないでほしいと、切に願います」

 他球団の監督からは質問も意見も出なかったそうだが、そりゃそうだろう。相手の先発投手を予測することが野球の本質だと言われても、答えようがないに違いない。
 まあ、ここまでなら滑稽な独り相撲とか勇み足とかで済むのだが、会議の後の囲み取材で口走ったという次の発言はいただけない。

「予告先発で客が入ると言うが、(西武の)松坂がきょう投げるか、あす投げるか分からないから、2日とも球場に行こうになるかもしれないじゃないか」
(週刊ベースボール同号から)

 「2日引っ張れる」という表現を使っていたスポーツ紙もあった。客として言っておくが、今どきの客はそんな小細工で引っ張られたりはしない。「2日とも」どころか、客を騙すような見世物に金を払うのはやめてしまうのが多数派、という可能性も大いにある。そういえば数週前の「オレが許さん!」で、豊田は野村のことを「試合時間を長くした張本人」と書いていた。この監督は、観客の都合など一切考える気はないらしい。

 私は野球の本質が何であるかは知らないが、プロ野球の本質なら知っている。見世物だ。プロである以上、観客を喜ばせることが彼らの最大のミッションだ。
 喜ばせる方法については、それぞれの考えがあるだろう。何も全員がボビー・バレンタインのようなショーマンシップを備える必要はない。だが、客を騙せば儲かると言わんばかりの舐めた口を聞くような監督は願い下げだ。

 彼が昨秋刊行した『野村ノート』(小学館)は、よく売れているらしい。開いてみると、とにかく説教臭いことに閉口する。今の選手には感謝の心が足りないだの、教育こそ監督の使命だの、指揮官の仕事は人づくりだのと延々と並べ立てたあげくに、最終章の見出しは「人間学のない者に指導者の資格なし」とくる。
 で、具体的な内容といえば、古田はあんなに教えてやったのに年賀状のひとつも寄越さない、とかいう話だったりするのだからみみっちい。
 このエントリの冒頭から、太字で記された彼の発言を読み返していただけば、この人物が「人間学」だの「教育」だのを云々することが、いかに滑稽なことだかお判りいただけるだろう。

 にもかかわらず、この『野村ノート』は非常に面白い。珍妙な説教や講話めいた記述は我慢するか読み飛ばすかして、技術論だけを読んでいれば、感銘を受ける部分はたくさんある。
 野村は本書の中でしばしば箇条書きを用いる。打者に共通のテーマ、打者のタイプ、多くの打者に共通する苦手ゾーン、etc.…。それらは必ずしも系統だってはおらず、分類としてはプロポーションが悪く感じられるものもある。
 にもかかわらず、それらの分類は強い説得力を感じさせる。捕手として、監督として、数えきれないほど多くの打者と対戦してきた経験から割り出された法則だから、実際の現場でも役に立つのだろう。彼の下で投げていた投手が各球団で投手コーチを務めている、と本書の中でも自慢しているが、おそらくその通りに、彼らがコーチ業をする上で、野村に教わったことは役立っているのだろうと思う。

 要するに、人格はともかく、リードや作戦における技術者としての野村が超一級品であることは疑うべくもない。技術者に徹した方が、よほど周囲から尊敬を受けることができるのではないかと思うし、選手たちもついてくるのではないか。人間学だの感謝の心だのと似合わない講釈を垂れるのはやめた方がいい。ヒールに徹してくれれば、パ・リーグは確実に盛り上がる(スポーツ紙は明らかにそれを狙っているのだろう。本人が狙っているのかどうかは、よくわからない)。
 だいたい、今年、主に対戦する5人の監督のうち、2人はアメリカ人だ。いくら説教めいた嫌味を言ったところで、どうせ通じないのだから。

|

« 根本陸夫、最後の傑作。 | トップページ | 名もない野球人へのまなざし<旧刊再訪> »

コメント

野村監督の直言、私は狙いだと思います。本気で何とかしようと思っていたら監督会議の前に根回しするんじゃないでしょうか?もっとも味方はもともと少ないと見ていて、最初っからマスコミに騒いでもらって問題提起すれば、多少自分になびくマスコミやファンが騒いでくれると踏んでのことだと思います。

確かにそんな小細工はなくとも野村監督の力を発揮すべき場はいっぱいあるのでしょうが、彼はきっとこうせずには居られないたちなんでしょうね。

投稿: エムナカ | 2006/02/03 06:07

>エムナカさん
>本気で何とかしようと思っていたら監督会議の前に根回しするんじゃないでしょうか?

そりゃそうですね。思えばヤクルトでも阪神でも、フロント相手に駆け引きするような発言が多かった。始める前から負けた時の言い訳を作っているのか、と思うような言動は、彼の昔からの癖ですね。

投稿: 念仏の鉄 | 2006/02/03 08:53

このエントリーと直接関係ない話ですみませんが、渦中の2段モーション、MLBの審判と現役捕手の2人の見解では三浦、岩隈セーフ、藤川アウトとのこと(報道ステーションの栗山さんの取材)。

何でも藤川は足の静止中に手が動いていることがNG、三浦、岩隈は逆に足が止まっているときに余計な動きがないので、流れの中でタイミングを取っていると判断するのだそうです。

彼らMLBとしての立場は、明らかにタイミングをはずすために静止時間がばらばらになるようなことがなければ問題ないとのこと。要はアンフェアなプレーかどうかが一番の基準のようです。

投稿: エムナカ | 2006/02/03 23:08

ひとつ弁護させていただければ、野村監督の発言は、「こう言えば、うけるだろうな」と、見通しの甘い予測で、センスも品もないギャグを悪気なく連発する、おやじの発言のようなものではないでしょうか。あまり弁護になってませんね(苦笑)。それにしても、人として、たとえ軽口でも言ってはいけないことが分かっていない、モラルのない人物の説教を我慢して聴かされるイーグルスの選手が気の毒です。
相手のこころに言葉を届かそうと思えば、こんな説教調にはなってしまっては逆効果でしょう。自分の不満や怒りを、例のぼやき口調で相手にぶつけることで、きっと野村監督は自分を満足させているのかと……。
『野村ノート』、まだ読みかけですが、キャッチャーとしての眼を通した分析はさすがですね。投球コースの分析だとか、3塁ランナーがスタートをきる際に、距離感を分かりにくくするためにラインの内側によるだとか、とても興味深く読ませていただいています。
鉄さんも以前仰られていたと思いますが、野村監督は基本的にはチーム内の人事、配置によりチームの戦力を有効に活用することに長けた人で(特にヤクルト時代)、GM的な人を集めてくるとか、選手個々の基本技術を向上させるとかという点に関してはあまり得意ではないような印象を持っています。そういった意味では、東北楽天向きの監督ではないかも知れません。しかし、キャッチャーの眼を生かした(南海時代のように)、それなりに技術の完成した投手の活用・再生や捕手の育成などには期待しております。人事・配置面では森谷、投手では特に小倉、山村、藤崎らの活用、捕手では河田に注目しています。
長くなりましたが、最後に一言。野村監督はブレイザーには本当に感謝しているようですね。何かホッとします。

投稿: 考える木 | 2006/02/04 14:09

>エムナカさん
WBCのように別のエントリで扱っている話題については、そちらのコメント欄に書いていただくと助かります(左側に「最近のコメント」欄を設けたので、古いエントリでもコメントがつけば表示されます)。

これを読んで、そういえばWBCの審判はどう選ばれるのだろうかと今さらながら気になって公式サイトのFAQ(http://www.worldbaseballclassic.com/2006/about/index.jsp?sid=wbc)を見たら、次のように書かれていました。

Q: Who will select the umpires for the World Baseball Classic?
A: Umpires will be chosen by World Baseball Classic, Inc. The majority of the umpires selected for the tournament will be professional umpires familiar with Major League Baseball's Official Baseball Rules.

要するにMLBの審判(または経験者)を中心に選ぶということなのでしょうね。各国ですり合わせをしようなどとは考えずに、いきなりMLBルールでやると宣言してしまうような大会運営がアンフェアの最たるものだと思いますが(笑)。

>考える木さん
>野村監督の発言は、「こう言えば、うけるだろうな」と、見通しの甘い予測で、センスも品もないギャグを悪気なく連発する、おやじの発言のようなものではないでしょうか。あまり弁護になってませんね(苦笑)。

なってません(笑)。あそこまで露悪的だと、ちょっと強迫観念じみた印象も受けますが。

>野村監督はブレイザーには本当に感謝しているようですね。

「読み」を野球の本質と考える価値観の中では、ブレイザーのような人物が上位に置かれることになるのでしょうね。

投稿: 念仏の鉄 | 2006/02/05 00:51

以前紹介した「甲子園への遺言」の中で、高畠氏がヤクルト時代に野村氏との確執が起こり、「野村さんは変わってしまった」と話している行がありましたね。技術者で留まっていればよかったのが、経験と自信がついてきて、段々つけ上がってきてしまった…ということなのでしょうか。今はメディアが野村賛同に回っているので(本も更に2冊出すとか)、それがさらに助長されていますね。

それから、予告先発について。私は元々予告先発はうざったいと思っています。個人的には誰が投げるかわからないことの方が楽しい。むしろ、「弱いチームが奇策を弄して勝利してもファンは喜ばない」と言うボビーの発言の方が今回はどうかと思います。戦力差があっても勝負をわからなくするルールの方が大切なのではないでしょうか。正直私はスポーツにおいて「奇策」は楽しみの一つなので、むしろそれで勝ったら一晩の酒の肴にできるのですが(笑)
私が野村に好印象を持っていたのはそういう奇策をよく使う面だったのかもしれません。

ただ、予告先発については現状維持で仕方ないでしょうね。確かに他の娯楽との勝負が激しい現代においては私のような考え方は少数派なのかな、とも思います。

投稿: アルヴァロ | 2006/02/05 01:50

>アルヴァロさん
>技術者で留まっていればよかったのが、経験と自信がついてきて、段々つけ上がってきてしまった…ということなのでしょうか。

そういう面もあるでしょうね。また、南海を追い出された経験が、彼の周囲の人を見る目を変えてしまったのかも知れない、とも思います。

>それから、予告先発について。私は元々予告先発はうざったいと思っています。

予告先発そのものについては賛否両論あるでしょうし、絶対的な正解があるとも思いません。レギュラーシーズンでは予告先発、プレーオフや日本シリーズでは予告しない、というのもひとつの回答でしょう。
私自身は、先発投手があらかじめわかっている方が、スタジアムに行くという行動を起こしやすい気がします。

で、野村発言の問題は、予告先発制度の是非以前にあります。
こんな制度に頼っているから人材が育たない、という言い方は、目の前にいるパの監督たちに「あんたらはろくな人材じゃない」と言っているに等しいので、まともに相手にされるはずがない。彼が本当に予告先発制度を廃止したいのなら、戦術としては最悪です。読みが足りない(笑)。(だから私は「今から負けた時の言い訳をしている」と邪推するのですが(笑)。エムナカさんが言うように、メディア向けのプロパガンダという面もあるでしょう)

また、オリックス時代の仰木彬監督は、予告先発制度を利用してきめ細かく打線を組み替え、イチロー以外に大した打者のいない貧弱な打線を最大限に活用して優勝したわけで(昨年のボビー・バレンタインもこれに近い)、予告先発が強者に有利とは限りません。
彼らの監督術もひとつの知のありようです。「相手の先発投手を読むこと」だけが「知」であり「野球の本質」と決めつけるのは、彼の了見の狭さでしかありません。

投稿: 念仏の鉄 | 2006/02/05 11:33

>こんな制度に頼っているから人材が育たない、という言い方は、目の前にいるパの監督たちに「あんたらはろくな人材じゃない」と言っているに等しいので、まともに相手にされるはずがない。彼が本当に予告先発制度を廃止したいのなら、戦術としては最悪です。

確かに最悪ですね(笑)実際それぞれの監督の考えくらいはわかっているはずですし。彼のメディア戦略は姑息な面があるので、どこまでが本音なのかが実にわかりにくいです(そういえば最近は日本シリーズのイチローの話以外、本人はメディア戦略についてあまり触れていない気がします。確かずいぶん古い本にヤクルト時代のことは書いてましたが)


>オリックス時代の仰木彬監督は、予告先発制度を利用してきめ細かく打線を組み替え、イチロー以外に大した打者のいない貧弱な打線を最大限に活用して優勝したわけで

そういう例を考慮すると、確かに予告先発が必ず不利になるわけでもなさそうですね。まぁ奇策好きな野村氏は不利だと感じてもおかしくないですが(笑)この辺、やはり自分の利益の最大化を狙っていたということでしょうか。

投稿: アルヴァロ | 2006/02/05 18:18

個人的に野村さんは好きじゃないんですが、こういう「露骨な偽善者」という悪役キャラもあった方が「興行的に」面白いのではないかと思います。野村さんの部下になるのは絶対ご免蒙りたいのですが(古田よ、貴方は偉かった!)、こういう盛り上がりやすい話題を提供してくれるという意味では貴重な人材ではないでしょうか。で、私としては楽天で野村監督は「技術者」としての本分を忘れて「説教おやじ」になると失敗するだろうと思っています。「説教おやじ化」というのは、イコール老耄化ということですから。
ちなみに、私は予告先発があった方が球場に行きたくなります。

投稿: 馬場伸一 | 2006/02/05 19:32

>アルヴァロさん
>この辺、やはり自分の利益の最大化を狙っていたということでしょうか。

利益の最大化を狙って場外闘争を繰り広げるのは当然なんですが、この演説で何が最大化したのかがよくわからない(笑)。予告先発がそんなに嫌なら、先発投手が先頭打者に投げたらすぐ交代する、という起用を何度もやれば、制度を骨抜きにできると思います(笑)。

>馬場伸一さん
>(古田よ、貴方は偉かった!)

西武との日本シリーズに勝った時だと思うんですが、夜のスポーツニュースに監督と主力選手が出演したことがありました。
まず試合のVTRを見ながら話す、という状況の中、秋山か誰かに本塁打を打たれた場面で野村監督が「この状況でこの球種を投げさすというのが、僕らキャッチャーの感覚では信じられないんですよ」とぼそりと言ったら、それまでにこやかに話していた古田の表情がこわばり、以後、番組が終わるまでほとんど言葉を発しなかった、という記憶があります。これが日常なら古田も大変だ、と思いました。

>こういう盛り上がりやすい話題を提供してくれるという意味では貴重な人材ではないでしょうか。

メディア的には完全にそういう扱いですね。
考えてみると、野村監督は常に「ジャイアンツ=長嶋茂雄に噛み付く」というスタンスでイヤミを言い続けてきたので、今の立場は勝手が違うのかも知れません(笑)。今では自分自身が権威になってしまい、しかも最年長監督だというのに、相変わらず同じ手法をとっていれば、浮いてしまいますね。

投稿: 念仏の鉄 | 2006/02/05 21:46

>これが日常なら古田も大変だ、と思いました。
うわぁ、ひっでー!
そうやって古田は人格を陶冶したんですね。
その苦労が彼のリーダーとしての資質を高めたのだと思います。
私は古田のファンなので大甘なのかもしれませんが、今年のヤクルトにはすごく期待してます。選手のモチベーションを高めることが上手な古田監督のもとで若い選手がのびのび活躍する。(今年がダメでも来年、再来年にはきっと成果が出る!…おっと、こりゃあファンの発想ですねぇ。)
楽天は野村監督の「いびり」で選手がやる気なくして下位低迷。たぶん阪神でのパターンの再現かと。

投稿: 馬場伸一 | 2006/02/06 12:08

>馬場伸一さん

古田ヤクルトは、チームの不調期と選手古田の不調が重なった時、それを彼がどう乗り越えるかが興味深いと思っています(重ならなかったら、かなり強いでしょう)。

野村監督については昨年9月に、彼は楽天に向かないと書きました(「負けたからこそ、変えてはいけない。」http://kenbtsu.way-nifty.com/blog/2005/09/post_a1ae.html)。
今のところ、考えは変わっていません。ずっとオフだから当たり前ですが(笑)。

投稿: 念仏の鉄 | 2006/02/06 22:18

はじめてコメントします。
野村監督についての様々な意見が展開されていて興味深く読ませていただきました。個人的には野村さんの野球は大好きで、野村さんの野球に対する言動も注目しておりますが、確かに言動が少し下品な面はありますよね。石井一久に対して行った言動は確かに「ちょっと~」と思いました。なんにつけても野球の中で人間形成を語る限り、あまり相応しくない言動は避けるべきだと思います。
なんにつけても、楽天ファンのために、また野球ファンのためにも今年一年の野村監督の活躍には期待しています。

投稿: ハル | 2006/02/09 03:25

>ハルさん
コメントありがとうございます。
私自身は野村監督の野球観や戦術はあまり好きではないのですが、それは単なる好みの問題であって、彼の有能さも戦術の有効性も認識しているつもりです。彼のおかげで楽天が強くなるのなら、それも歓迎です。
あとは、頭のいい人なんだから、頭の悪そうな発言をもう少し控えてくれたら、尊敬もできると思うのですが(笑)。

投稿: 念仏の鉄 | 2006/02/09 14:52

ふうん

投稿: | 2016/09/21 06:18

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50507/8452736

この記事へのトラックバック一覧です: 『野村ノート』を読む前に知っておきたい2,3の事柄。:

» 野村ノート [So What?!]
かの有名な『ノムラの考へ』をベースにしているというので、野球の戦術論や局面局面に... [続きを読む]

受信: 2006/02/02 03:59

» 野村ノート [Shoulder.jp]
野村ノート次期楽天監督の野村克也の野球理論がわかる本です。 野村は楽天監督受諾... [続きを読む]

受信: 2006/02/07 18:31

» 野球狂とはこの人のことでは? [爆笑アンテナ]
伝説の男ネタをやりたかったのですが、明日後輩Kと鍋をやることになったんで、また次 [続きを読む]

受信: 2006/02/09 03:25

» 『野村ノート』 [本がいろいろ]
野村ノートposted with amazlet on 06.02.13野村 克也 小学館 (2005/09)Amazon.co.jp で詳細を見る 人と組織を変え成功に導く、名将の野球哲学 ヤクルト、阪神、そして社会人野球のシダックスの監督として、選手の育成、チームの改革を果たしてきた野村監督。その指導力....... [続きを読む]

受信: 2006/02/28 14:09

» 野村ノート [Shoulder.jp]
野村ノート次期楽天監督の野村克也の野球理論がわかる本です。 野村は楽天監督受諾... [続きを読む]

受信: 2006/03/08 21:04

» 野村ノート [Shoulder.jp]
野村ノート次期楽天監督の野村克也の野球理論がわかる本です。 野村は楽天監督受諾... [続きを読む]

受信: 2006/05/13 22:09

» 野村ノート [Shoulder.jp]
野村ノート次期楽天監督の野村克也の野球理論がわかる本です。 野村は楽天監督受諾... [続きを読む]

受信: 2006/12/12 10:36

» 野村ノート [Shoulder.jp]
野村ノート次期楽天監督の野村克也の野球理論がわかる本です。 野村は楽天監督受諾にあたり、4番とエースの確保を条件にしていますが、それはなぜなのか? コーチの指導においては技術指導だけでは限界があるが、それはなぜなのか? 配球のポイントは打者への意識付けであるが、それはなぜなのか? 野球において捕手が重要であると言われるが、それはなぜなのか? 清原は監督・コーチとしては大成しないと言われるが、それはなぜなのか? 松坂が打たれるわけは? などなど、わかりやすく解説しています。 野村が新聞などで解説して... [続きを読む]

受信: 2008/02/07 14:09

« 根本陸夫、最後の傑作。 | トップページ | 名もない野球人へのまなざし<旧刊再訪> »