« サッカー界はなぜ鈴木桂治を見逃したのか。 | トップページ | サッカー界はなぜ鈴木桂治を見逃したのか/追記。 »

満4年とちょっと。

 当blogは、一週間ほど前に開設4周年を迎えました(オンタイムで挨拶しようと思ってたけど、ネットのつながらないところに出張中で書きそびれました)。ここ1年くらいはなかば休眠中のようなものなのに、何か書けば読みに来てくれる皆様にお礼を申し上げます。

 4年というのは長い方なのでしょうか。ついこないだのような気もしますが、考えてみると最初に書いたエントリのひとつはアテネ五輪の感想でしたから、なるほど4年経ったのだなと思います。

 始めた当初は、ブログに対する世の中の過剰な期待感とか、ブログやってる人たちの高揚感をすごく感じた時期もありましたが、それらも一段落して今はわりあい落ち着いてきたようで、気負ったり構えたりせずに居られるようになってきた気がします(ブロゴスフィアと呼べるほどのまとまった世界があるのかどうかは疑問ですが)。
 当時アルファブロガーとか言われて華々しく活躍してた人たちの中には、ブログを足がかりに飛躍していったり(中には、それとともにブログをやめてしまったり)した方も結構おられるようですが、私は特に変わりはありません。実名か匿名かという議論において、どちらかが絶対的に正しいとは思いませんが、こういうことを実生活で仕事に結びつけたいのなら実名で書いた方が良さそうですね。

 私はあんまりここを実利に結びつけようという気がないので、実生活に大きな変化でもない限りは、こんな感じで続けていくつもりです。自分の書いたものをネット上に置いておくことで、いつかそれについて調べようとした誰かの役に立てば、それでいいんじゃないかと思ってます(結果的にグーグルあたりの思う壷なのが癪ではありますが)。

 コメント欄の敷居が高いという声をよく聞くので(そして確かに小煩いレスをすることもありますので)「お気軽にどうぞ」とは言いづらいのですが、気が向いた時には足跡など残していただければ幸いです。

|

« サッカー界はなぜ鈴木桂治を見逃したのか。 | トップページ | サッカー界はなぜ鈴木桂治を見逃したのか/追記。 »

コメント

そこまで高いですかね、敷居?

どんな話題をふっても(多少論点がずれても)結構乗ってくださいますし(挙句に悪乗りすることもありますしw)、鉄さんはウザイかもしれませんが、こちらとしては為になるし、楽しいですよ、ここへの書き込みは。

>ちょっとキャッチーなタイトルを付けてみたいという誘惑に抗し切れませんでした。(別記事ですが)

なんてアホなことを書いてる限り「敷居が高い」とはおもわないですよw(失礼(_ _)ゞ)

投稿: KTY | 2008/09/06 01:48

4周年、おめでとうございます。
鉄さんの文章には、いつもたくさん教えられてます。
 
個人的に一番好きなエントリは、
http://kenbtsu.way-nifty.com/blog/2004/09/post_12.html
「英智はいつも途方に暮れている」です。
プロ野球が再編問題に揺れていたあの時期、「英智」という人物に鉄さんが注ぐあたたかな視線に、深く感銘を受けたことを覚えています。
今回改めて読み直してみても、しみじみと良い文章だなあ。
 
いちど、英智本人にもこの文章を読んで欲しいけど、なんとなく、インターネットとかブログとかとは、結びつかないキャラクターですよね、英智。

投稿: Southk | 2008/09/06 21:30

4周年おめでとうございます。
いつも鉄さんの記事を楽しみにしてます。ネット上では匿名ということもあり、鋭く尖っている雰囲気で書いているものの、どうも軽いというブログが多いなか、落ち着いた雰囲気で読みごたえのある文章を提供してくださるので、勝手にブログ界のオアシスだと思ってます(笑)
これからもよろしくお願いします。

投稿: ハーネス | 2008/09/07 09:17

>KTYさん

ありがとうございます。そのくらいに思っていていただければ幸甚です(笑)。


>Southkさん

ありがとうございます。屁理屈こねてるよりも、ああいう文章の方が書いている本人も好きなのですが、現場に足を運んで、のんびり試合を眺める時間が確保できないと、なかなかああいうのは出てきません。ちゃんと見物しないといけないな、と改めて思う今日このごろです。
blog拝見できなくなって寂しく思っていますので、ときどきは足をお運びいただけると嬉しいです。


>ハーネスさん
ありがとうございます。
落ち着いてやりとりするというのは、ネットの世界では大事なことですね。最近は、暴論を書く時ほど淡々と穏やかに、と心がけています。

投稿: 念仏の鉄 | 2008/09/07 22:57

4周年おめでとうございます。

新しいエントリーが無いかと、毎日毎日楽しみにしております。
鉄さんの文章好きだなあ。

投稿: Joe | 2008/09/08 12:06

おめでとうございます。

これからも、ぼちぼちと、よろしくお願いします(笑)。
私も、鉄さんの文章が大好きです。

投稿: 馬場 | 2008/09/08 14:16

言い忘れました。
当ブログと出会わなければ、WBCの「誤審」にいかに腹が立とうとも、セリグコミッショナーに手紙書こうなどとは思わなかったはずです。そして、返事をもらって驚倒するという経験も(笑)。
日々の楽しみの1つです。これからもよろしくお願いいたします。

投稿: 馬場 | 2008/09/08 14:26

鉄さん、4周年おめでとうございます。

記憶をさかのぼってみたら、2005年1月にFalse Startさんのリンクからここへきて、「持て余す山本、育てるオシム。」を読んだことを思い出しました。そのあと「負け犬の遠吠え」とか「泳いで帰れ」のあたりでブックマークして、「英智はいつも途方に暮れている」ですっかり居着いて(?)しまったのでした。4年ってけっこう長いですね。

これからも楽しみにしています。

投稿: 若葉 | 2008/09/08 21:30

>Joeさん
ありがとうございます。
毎日となると期待にお応えするのは難しいのですが、気長にお付き合いいただければ幸いです。


>馬場さん
辛抱強くお付き合いいただき、ありがとうございます(笑)。

セリグの手紙は4年間のハイライトのひとつでした。馬場さんが先行してくださらなければ私は出しそびれていた可能性が高いので、とても感謝しています。
そういえば私はその後転居してしまったので、もし第2回の案内状が届いたりしたら教えてください。

参考:<コミッショナーからのエアメール>http://kenbtsu.way-nifty.com/blog/2006/04/post_0ca3.html


>若葉さん
ありがとうございます。エントリ名を見ると確かに時の流れを感じますが、英智だけはあまり変わっていないかも知れません。

投稿: 念仏の鉄 | 2008/09/09 02:38

4周年おめでとうございます。ときおりブックマークを開いては新着がないか確認しています。
こちらにはじめてお邪魔したのはいつかはわからないのですが、書き込みしたのは「早実の斎藤はなぜ4連投しなければならないのか。」だったように思います。
このときわたしは昼食時に職場のスポーツ好きの同僚に「こんな連投させてひどいよね」的なことを話したところ「いや、甲子園はそれがいいんだよ」なんて言われて憤慨してました。でもやっぱりそれはおかしいんじゃないか、と改めて確認し、我が意を得たり、という気持ちになったものです。
今後とも楽しみにしております。

投稿: かわうそさん | 2008/09/10 17:26

>かわうそさん
斎藤4連投は、たぶん当blog史上最高のアクセスとコメントのあったエントリですが、その後も来ていただけるのは嬉しいことです。

>「いや、甲子園はそれがいいんだよ」

その言葉は身も蓋もない真実だと思います。そして、(意識しているかどうかは別として)それがわかっているからこそ、ああいう指摘に拒否反応を示す人がいるのだろうとも思います。

投稿: 念仏の鉄 | 2008/09/11 11:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50507/42374844

この記事へのトラックバック一覧です: 満4年とちょっと。:

« サッカー界はなぜ鈴木桂治を見逃したのか。 | トップページ | サッカー界はなぜ鈴木桂治を見逃したのか/追記。 »