« 立ちはだかる壁としての緒形拳。 | トップページ | 「KING OF TOKYO O FILME」についての、ないものねだり。 »

黄金時代の後日談としての監督人事。

 いくつか下のエントリでもちょっと触れたが、日本のプロ野球界では、有名選手が引退後に監督を務める例が非常に多い。というより、有名選手でなかった監督を捜す方が難しいほどだ。北海道日本ハムファイターズを2年続けて優勝(うち日本一1度)に導いたトレイ・ヒルマンのようにメジャー経験がない(=日本のプロ野球で一軍経験のない)監督は、プロ野球草創期から昭和30年代あたりにかけてアマチュア野球界から転身した指導者を除けば、まずお目にかかることはない。

 ただし、「有名選手」には2種類ある、とも言える。タイトルを何度も獲得するような名選手というケースと、本人の個人成績はさほど突出していたわけではないが、現役時代に在籍したチームが非常に強く、その一員として有名であった、というケースだ。後者の典型例が仰木彬であり、現役監督の中では例えば高田繁がこれにあたる。
 弱いチームに強打者・名投手が在籍することはあるが、「強豪チームの一員」は強豪チームにしか在籍しない(当たり前だ)。だから、何度も日本一になって黄金時代を築いたチームからは、10~20年後に監督が大勢生まれている。
 1950年代の読売ジャイアンツからは、川上哲治、千葉茂、青田昇、別所毅彦、宇野光雄、広岡達朗など。1950年代後半の西鉄ライオンズからは大下弘、中西太、稲尾和久、川崎徳次、関口清治、そして仰木彬。同時代の南海ホークスからは杉浦忠、野村克也、飯田徳治、岡本伊三美、蔭山和夫(就任直後に急逝)、広瀬叔功、穴吹義雄。
 少し前まで大勢いたのは昭和40年代に9連覇した読売ジャイアンツだ。投手で堀内恒夫、捕手・森昌彦、一塁手・王貞治、二塁手・土井正三、三塁手・長嶋茂雄、左翼手・高田繁。期間中のベストナインのうち監督にならなかった方が少ない。なった6人のうち3人が日本一になっている。

 監督が大勢出たとはいうものの、上記の顔触れをよく見ると、西鉄や南海ではほとんどが自チームの監督で、それは黄金時代を持たない球団にもよくあることだ。
 一方、ジャイアンツ出身者は他球団の監督を務めたOBも多い。先端的な野球で勝ち続けてきたチームの一員は、他球団からも一種のブランドと見なされてきたようだ(結果からいえば、それは必ずしも優れた指導力を約束するものではなかったが)。

 現在、この種のブランドになりかかっているのは、1980年代後半から1990年代前半にかけての西武ライオンズだ。すでに東尾修、伊東勤、渡辺久信が自チームの監督として、それぞれリーグ優勝を果たしている。
 それ以外にも石毛宏典がオリックスの監督を務め*、そして来年、秋山幸二が福岡ソフトバンクホークスの監督に就任する。

 秋山は、西武時代には、日本人離れした長打力、主軸に据わりながら盗塁王を争う俊足、そして驚異的な守備力を発揮した名選手だったが、打率は低く、身体能力に依存するところの大きい選手だったと言えなくもない。だが94年にダイエーホークスに移籍すると、故障もあってか無理に長打を狙わず、コンパクトな打撃にモデルチェンジを果たし、地方の弱小球団だったホークスが強豪チームに生まれ変わるまでの時期を支えた。西武から秋山を獲得した当時の根本陸夫監督(実質的には「GMが監督を兼任」という立場だった)は「チームの体質を変えるためには、軸となる人を変える必要がある」と話していたが、見事に実を結んだわけだ。

 指導者としての秋山は未知数だが、もし彼が成功すれば、西武ライオンズ出身者を監督に招く球団が増えることになるかも知れない。リタイアしたがまだ若い伊東をはじめ、辻発彦、田辺徳雄、平野謙など各球団でコーチを務めている西武OBは少なくない。巨人・西武という2大ブランドを兼ね備え、かつWBC優勝チームのコーチでもあった鹿取義隆も在野に控えている。こうやって名前を並べると「華がない」とか言われそうな顔触れではあるが(笑)、森もそう言われながら実績を重ねた。

 仰木彬の監督としての成功、とりわけそのアイデアの豊富さは、かつて西鉄ライオンズを率いた三原脩の影響を人々に思い出させた。広岡・森コンビのヤクルトと西武での成功(西武では黒江透修もコーチを務めた)は、「V9巨人の継承者」との評価を受けた。
 野球チームにおける黄金時代の物語とは、ただその時に勝つだけでなく、後に優秀な指導者を生むことによって、後世に語り継がれる伝説的存在となっていくのかも知れない。
 とすれば秋山の手腕は、広岡や森の名が後世に残るかどうかの分岐点にもなりうる。秋山自身がそれを望むかどうかは別として(秋山自身は、王監督の後継者でありたいのではないかと思うが)。

* 田淵幸一もホークスの監督になったが、彼を西武OBと捉えるかどうかは微妙なところ。

|

« 立ちはだかる壁としての緒形拳。 | トップページ | 「KING OF TOKYO O FILME」についての、ないものねだり。 »

コメント

 現役時代無名で監督として大成した人といえば広島→阪急・オリックス・日ハムの上田利治監督しか思いつきません。それも松田オーナーが「指導者として入団させた」と語る程の異例の経歴ですが。

 森西武に並んで戦術的に優れているとされた野村ヤクルトからは、あまり期待できそうにないですね。野村・古田という2枚看板が揃ってブランドイメージを下げた感じがします。

 プロ野球界には監督を発掘・育成するシステムが存在しないと思います。アマの名監督を登用するとか、引退した選手をアマチームの監督として経験を積ませ、実績に応じて抜擢するような形になっていません。せいぜい、コーチとして指導する程度でしょうか。
 常勝チームから名監督が生まれるのはいい事なのですが、その結果、戦術的な自由度の低い野球のバリエーションがますます乏しくなってしまうのではないでしょうか。国際舞台で他国と対戦すると、その度にスタイルの違いに驚くというのはもう辞めにしてもらいたいものです。

投稿: kagura | 2008/10/19 11:44

>kaguraさん
>現役時代無名で監督として大成した人といえば広島→阪急・オリックス・日ハムの上田利治監督しか思いつきません。

上田監督の阪急における前任者の西本幸雄さんも、プロ入りが遅かったこともあり、選手としては大した成績は残していませんね。

>プロ野球界には監督を発掘・育成するシステムが存在しないと思います。

コーチを経て監督になる人が多いけれど、そこに育成システムがあるわけではありませんね。優秀な監督になる人は、自力で成長していく面が強いのではないかと思います。
ただ、今シーズンの西武・渡辺、オリックス・大石という新人監督の仕事ぶりを見ると、二軍監督を経験することには意味があるのかも知れません。

>アマの名監督を登用するとか、引退した選手をアマチームの監督として経験を積ませ、実績に応じて抜擢するような形になっていません。

現在のアマチュア球界とプロ球界では監督の役割がかなり異なります。故・根本陸夫さんの言葉を借りて端的に言えば、「アマは監督がチームを動かず、選手が動く。プロは選手が動かず、監督が動く」。
トーナメント中心のアマと、百数十試合のリーグ戦を戦うプロ、という試合の形態もかなり違いますので、ご指摘のようなアマでの指導経験がプロ監督の能力にダイレクトに結びつくかどうかは、保証の限りではありません。

むしろ独立リーグの方が形態がプロに近いので、選手だけでなく、指導者も独立リーグを足がかりにNPB入りするようになるとよいと思っています。

ただし、若い選手の育成という面では、プロはアマ球界の指導者に学ぶところはあるでしょうから、積極的にスカウトすればよいのに、とは思います。二軍のコーチ職を引退した選手の雇用対策のように扱っていると、いつまでたってもチームは強くなりませんね。

投稿: 念仏の鉄 | 2008/10/20 19:55

「アマは監督がチームを動かず、選手が動く。プロは選手が動かず、監督が動く」
納得しました。
確かに強豪高校と監督は一心同体という感じで、
監督名がそのままブランドになっているような感じもあり、
とてもアマ側が手放すとは思えませんね。
てっきりプロアマ間規約のようなものがあって交流が妨げられていると思っていました。

投稿: kagura | 2008/10/22 19:17

>kaguraさん
>てっきりプロアマ間規約のようなものがあって交流が妨げられていると思っていました。

プロ経験者が学生を指導することについては制約がありますが、逆はないと思います(社会人はプロの指導者を受け入れています)。

学生野球で実績のある指導者が、プロ野球のフロント入りした例はいくつかありますが(現在、横浜にいる山中正竹氏は元法大監督、バルセロナ五輪代表監督です)、コーチとして現場に入った例は、最近では記憶にありません。育成選手の担当などに起用してみたらいいと思いますけどね。

投稿: 念仏の鉄 | 2008/10/23 08:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50507/42774844

この記事へのトラックバック一覧です: 黄金時代の後日談としての監督人事。:

« 立ちはだかる壁としての緒形拳。 | トップページ | 「KING OF TOKYO O FILME」についての、ないものねだり。 »