« またですか。 | トップページ | WBC日本代表候補発表に思う2、3の事柄。 »

まだそんなこと言ってるんですか、中日の偉いさんたちは。

 下のエントリ<またですか。>の続き。
 本日発売の週刊文春、週刊新潮がそれぞれこの件を取り上げて、中日球団幹部の談話を載せている。

 週刊文春2008.12.4号は白井文吾オーナーに直撃取材して、見開き2ページのインタビュー記事。一部を紹介する。

<そもそもWBC(アジア予選)は読売がやってる。五輪やサッカーのW杯とは違う。アメリカの選手会が会社を作って、メジャーの野球機構も加わって、日本の読売新聞にも話が来て、『金儲けしよう』というのがWBCの発端。だから私は以前、お宅(小誌)に監督について聞かれたときも、主催者の読売グループの巨人から選べばいいって言ったんだ。
 それにみんな『出ると名誉』だと思ってる。そこが違う。名誉じゃない。よその国だって一流選手が出てくるとは限らないし、そんなのに勝ったってちっとも名誉じゃないよ。夢中なのは日本だけ。>(P.147)
 
 これに対する論評は前のエントリに書いているので割愛。ここまで注文通りの談話がオーナーの名の下に恥ずかしげもなく出てくるとは予想外だった。「匿名の声」とか書いてた私は甘かったと反省している。

 あと覚えている人も少ないと思うから念のため書いておくが(私も前のエントリ書いた時は忘れてました。すみません)、中日新聞社が主催して90年代に3回実施された日韓プロ野球スーパーゲームの日本選抜チームには、読売ジャイアンツの選手も参加していた。もし将来あれを再開するつもりがあるのなら(中日新聞の主催かどうかは知らないが2007年秋に日韓野球が行われる計画はあった)、白井オーナーは、他の11球団すべての幹部から「あれは中日さんの金儲けでしょ」と言われて選手の派遣を断られる覚悟をしておいた方がよいと思う。
 
 
 一方、週刊新潮2008.12.4号は、西川順之助球団社長のこんな談話を載せている。
 
<これからの時期、選手は来季に向けてのリハビリをしなければいけない。万が一、WBCで何かが起きても何も保証してもらえないし、球団としても、働いてもらわないと年俸も出せない事情もあるからね>(P.57)

 記事ではこの談話について<そうプレッシャーをかけられたら、選手は出場するとはいえないだろう。>と論評している。同感だ。オーナーも球団社長も監督もWBCに関してはやる気がないということはよくわかった。

 西川社長の考え方に対する批判は、前のエントリにもリンクした、3年前の第1回大会前のエントリ<王監督まで見殺しにするのか。>のコメント欄でさんざん書いたが、そこでは断片的な議論が長々と続くので、読んでくださいとも言いづらい。改めて私の考えを整理しておく。
 
 
 ……試合中のケガやシーズンへの悪影響が怖いからWBCを辞退する(あるいは球団が選手を出さない)というのは、リスク回避を最優先とした考え方だ。
 もしも日本のプロ野球が大繁栄していて、試合はいつも満員、テレビ視聴率は常に20%超え、選手にいくら年俸を払っても球団は儲かって仕方がない…という状況ならそれでいい。
 しかし現実は違う。経営に苦しむ球団が多く、球団数を削減しようかという暴挙が実行寸前までいくほどの危機的状況がほんの数年前にあり、今もV字回復を遂げたとは到底言えない。何かを変えることが必要だ。
 
 ほとんどのスポーツ競技において、日本で最も人気のある試合は国際大会である。その欠落は野球の弱みだった。とりわけサッカーが隆盛になってからは、その欠落感が観客に強く意識されるようになった)。
 WBCは、その欠落を補う絶好の機会である。変えるべき「何か」に相応しい。
 野球が五輪競技から失われた今、ファンの注目を集め“世界と戦う”というイメージを形成できる、ほぼ唯一の機会といえる。
 <よその国だって一流選手が出てくるとは限らない>などということは、現時点ではまったく問題ではない。この大会で勝ちさえすれば、日本は公然と「世界一」を名乗れる。そして大会がアメリカ本土で開催される以上、そこで負けることはMLBにとって大きなプレッシャーになるのだから、彼らもいずれは本気にならざるを得ない。白井オーナーがさかんに引き合いに出す(週刊新潮でも言っている)サッカーのワールドカップも、第1回大会の参加国はわずか13。権威などなかった。続けているうちに権威ある大会に育ったのだ。

 日本が本気で勝ちに行き、この大会を「本気で世界一を決める大会」に育てることは、日本国民の目を野球に向ける上で、大きな効果が期待できる。
 だからこそ、日本野球はWBCに全力を挙げて取り組むべきである。名誉がどうとかいう次元のことではない。国内リーグを盛り上げるためにこそ、WBCで名勝負をすることが必要なのだ。
 何もせず、今まで通り国内だけで勝った負けたとやっているだけでは、プロ野球そのものが衰退していくリスクを大きくしてしまう。リスク回避策のつもりでWBCに非協力的態度をとる球団は、中長期的にみれば、プロ野球全体のリスクを大きくする行動をとっているに等しい。……
 
 
 これを読んだ方の多くは「当たり前じゃん」と思うことだろう。
 3年前には、まだWBCという大会が行われておらず、海のものとも山のものともつかない状態だったから、このくらい言葉を尽くさなければ理解されなかった(いや、当時これが理解されたかどうかも判らないが)。
 だが、第1回大会を経験した今なら、こんなことは「当たり前」でしかない…と思っていたのだが、これも甘かったようだ。
 
 
 上の西川社長の談話で唯一意味を持つのは<WBCで何かが起きても何も保証してもらえない>というくだりだ。
 これは重要な問題だから、当事者の間で大いに議論されるべきだと思う。
 
 では、中日はこれまで、オーナー会議や実行委員会で、WBCで選手が故障した際の補償について問題提起し、納得がいくまで議論したのだろうか。前回大会が終わってからずいぶん時間はあったはずだが、報道からその形跡を見出すことはできない。
 まあ、西川社長が最近になって急にこのことに気付いて心配になったという可能性もなくはない。そんなにケガが心配なら、来年からはオールスターゲームにも選手を出すのをやめた方がいいんじゃないだろうか。

 同じことは選手会についても言える。
 第1回大会への参加を決める前には、開催時期と故障時の補償について不服を申し立て、日本の出場はなかなか確定しなかった。開催時期については選手会が譲った形になったが、補償問題がどう決着したのかは明確には伝えられていない。実際に大会中に故障した岩村や川崎にどういう補償がされたのか(あるいはされなかったのか)も気になる。

 だから、第2回大会についても、選手会はNPBに故障時の補償を要求すればよいと思うのだが、そういう交渉をしている形跡はない。選手会公式サイトのニュース欄を見ても、選手会が開催するイベントの告知ばかりが目立つ。ニュース欄で7/31に開催された臨時大会の様子が報告されているが、主な話題はいつもの通り、FAと保留期間の問題だったようだ。
 
 故障時の補償は、基本的には当事者間の問題だ。各球団や選手会が要求してNPBが拒絶したのなら問題視するけれど、当事者が要求している形跡がない段階で、見物人がどうこう言っても仕方ない。個人的には心配だし、NPBが保険をかけた方がいいと思うけれど(もしかけてるのなら結構なことだ)。

|

« またですか。 | トップページ | WBC日本代表候補発表に思う2、3の事柄。 »

コメント

鉄さん、こんばんは。

初めて買ってもらった野球帽が中日のものだったので球団に愛着を持っていたのですが、今回の対応には冷水を浴びせられた思いです。
鉄さんのご指摘する「国際大会の欠落感」を少なからず充足させてくれたのが、前回のWBCでした。米国、中南米、日本、韓国などそれぞれ異なった特色が対決する場としてのWBCには、純粋に一ファンとして心躍りました。勿論、いま提起されている利権や補償の問題は良い形での解消を望んでいますが、どんな形であれ、WBCのような国際大会の場は今後も継続してほしいと願っています。

思い返すと、当時の王監督も「第1回であり大会運営等に不十分な点はあるが、やり遂げることが大事」という認識だったように記憶しています。NPBからの丸投げ(言い過ぎかもしれませんが…)を受け止めた苦労体験、そこから一段階でも前進させようという思いが、王監督に特別顧問を受諾させた一番の理由であると思っています。
しかし、王特別顧問の努力にも拘わらず、監督人事は迷走し、日本代表監督職は「貧乏くじ」と表現したくなる扱いを受けました。そんな中、原監督が語った「日本代表は誇りであり、あこがれ」という言葉には、個人的には「結果はどうでもいい」と思えるほどの強烈な響きがありました。火中の栗を拾った王イズムの継承を感じられたからです。

そこにきて、今回の辞退騒動…。
辞退自体はともかく、球団幹部の「名誉じゃない」発言には心底失望されられました。様々な問題を孕んでいる大会であることは確かなのですが、為すべき提案もせずに先人の苦労を汚すような発言をするとは残念です。

投稿: アリティア | 2008/11/30 20:22

>アリティアさん
>辞退自体はともかく、球団幹部の「名誉じゃない」発言には心底失望されられました。

げんなりしますね。前のエントリは現象から推測して書いたわけですが、この球団の反応は予想通り、というより想像以上でした。

こうなると、どっかの落ち目の商店街みたいですよね。商店街全体に人を呼ぶためにイベントを仕掛けよう、という時に、いちばん古株の老舗のひとつが、司会者の選び方が気に入らないとかゲストの芸能人が横柄だとかどうせ誰某さんちの金儲けだろとか言ってヘソ曲げてる、みたいな。

投稿: 念仏の鉄 | 2008/12/01 09:24

>落ち目の商店街みたいですよね

(爆笑)

同感です。しかし、日本プロ野球全体を「落ち目の商店街」にしてもらっては困る。

「見物人」として言いたいことはただ一つ。
前回のWBC決勝は、名古屋地区でも40%くらいの視聴率を弾き出していたはずです。
つまり、名古屋人の多く(その多くはドラゴンズファンと重なるはず)は、WBC参加を名誉と思い、ドラゴンズ選手がWBCで活躍することを見たいと思っているはずです。球団の考え方は、名古屋のファンの思いを裏切るものでありましょう。

まぁ、我がホークスからは今回のWBCにも多数の選手が参加することでしょう。私はホークスファンとして、日本の野球ファンとして、それを心から誇りに思います。

で、WBCが開幕したら、知り合いの名古屋人に片っ端から自慢してやることにいたします。

「え゛~、ドラゴンズの選手は1人もおらんとぉ?!ホークスの選手は○○似んもおるとにぃ。やっぱ実力で選ばれたらそげんなるっちゃろうねぇ。」

投稿: 馬場 | 2008/12/02 12:59

>馬場さん
今シーズンの状況を見ると、ホークスから「多数」の選手が参加するどうかは微妙なところもあるのでは(笑)。
ただ、キャプテンに川崎を、と石田雄太氏が週刊ベースボールに書いてましたが、そうなれば、よい選択だと思います。

投稿: 念仏の鉄 | 2008/12/06 12:11

2008-12-07 22:27:34

先日は、つたないコメントにお返事いただきありがとうございました。あれからちょっと落ち着きました(^_^;
で、思い出しました。そうでした。
WBCに出るのって「損な事」だったんですよね。
うっかり優勝なんかしてしまって、めっちゃ盛り上がって、ちやほやされたので、つい忘れてました。出たら損するんです。3年前は今以上にそんな空気が蔓延してました。
もしかして得かも?みたいな色気を出した人がいるから、今回めんどくさいことになってるけれど。

あの有名な、アーネスト・シャクルトン卿の新聞広告。

探検隊員求む。至難の旅。
わずかな報酬。極寒。暗黒の長い月日。
絶えざる危険。生還の保証無し。
成功の暁には名誉と賞賛を得る。

この素っ気無い広告に、英国中からおとこぎのある応募者が殺到したのでしたよね。
WBCも、いっそこういうスタンスで臨んでみたらどうかしら、と思います。
至難の旅。わずかな報酬。耐えざる誤審。みたいに。
それでも出たがる、腕に覚えのあるたわけ者は、きっと日本プロ野球界にいっぱいいますよね。そういうバカな人だけを集めたいような気もします。

投稿: ホークスファン | 2008/12/07 22:33

イチロー激白!WBC“戦力分析” http://sankei.jp.msn.com/sports/baseball/081209/bbl0812091034000-n1.htm

第1回WBCの優勝リングを指にはめたイチローの写真が載っておりますが、はぁ~、もう、惚れ惚れするほどカッコイイです。

イチローと同じ優勝リングを手にすることができる機会を与えられるというだけで、お金の報酬なんてどうでもいいと思えるんですけどねぇ。

「至難の旅。わずかな報酬。」に「無理解な球団関係者」を加えてもいいかもしれませんね(笑)。

投稿: 馬場 | 2008/12/09 16:57

>ホークスファンさん

今では権威を疑う人のほとんどいないサッカー日本代表とワールドカップアジア予選にしても、

>至難の旅。わずかな報酬。耐えざる誤審。

という諸条件はじゅうぶんに当てはまりますね。

>それでも出たがる、腕に覚えのあるたわけ者は、きっと日本プロ野球界にいっぱいいますよね。そういうバカな人だけを集めたいような気もします。

それでも出たがる人はいっぱいいるとは思いますが、「球団への忠誠心」との板挟みになった時にどうなるか、というのは何とも言えません。


>馬場さん
>イチローと同じ優勝リングを手にすることができる機会を与えられるというだけで、お金の報酬なんてどうでもいいと思えるんですけどねぇ。

報酬額の安さを理由に辞退する選手がいるんでしょうか(笑)。ま、いても明言はしないでしょうけど。

投稿: 念仏の鉄 | 2008/12/09 22:09

初めまして、マコロックです。私も32年プロ野球を見て、きましたが、読売中心で、日本の野球が動いてたのは、否定できません!なぜなら、田舎のプロ野球中継は、読売オンリーで、20年前のスタメンから、現在のスタメンまで、全部暗記しますよしかしながら、WBCはそんな小さいカテゴリーでは、くくれないのは、野球ファンや、スポーツファンなら、わかってるはず・・・名古屋の球団は、そろそろ心を入れ替えないと、いけないのでは?

投稿: マコロック | 2008/12/11 22:39

私としてはこの話題を語るにあたって、「中日球団が選手に辞退させたとしたら、という前提でものを言うのはバカげている。球団が選手に辞退させたという事実があるのかどうか判断できる材料は何もないのだから」という大前提がありました。しかしこのエントリーを読んで、なんだ、球団が選手に辞退させたのか、そんならコミッショナーが中日をNPBから除名してもいいんじゃないか、と思いました。

しかしその後『白井オーナーは「WBCをボイコットしたというキャンペーンがなされたが真に遺憾」と周囲の批判に怒り心頭の意を表した』

みたいな記事をいくつも見たので、よくわからなくなりました。しかもどういうわけか、『白井オーナーは「WBCをボイコットしたというキャンペーンがなされたが真に遺憾」と周囲の批判に怒り心頭の意を表した』みたいな記事には、「白井オーナーは先日、WBCは所詮は読売の大会だから、と語ったが」とか「と語ったと一部週刊誌で報じられたが」というような言及がぜんぜんないのです、私が見た範囲では。なんなんでしょうね。

投稿: nobio | 2008/12/12 00:14

>マコロックさん
>田舎のプロ野球中継は、読売オンリーで、

20年前には確かにそうだったと思いますが、今はだいぶ変わってきたのではないでしょうか。北海道なんて、ほんの6,7年前まではジャイアンツファンばかりだったのに、今はファイターズ一色ですし。ま、球団のない地方ではまだジャイアンツ戦の中継が多いのかも知れませんが。
名古屋の球団が変わった方がいい、というのは同感です。


>nobioさん
>しかもどういうわけか、『白井オーナーは「WBCをボイコットしたというキャンペーンがなされたが真に遺憾」と周囲の批判に怒り心頭の意を表した』みたいな記事には、「白井オーナーは先日、WBCは所詮は読売の大会だから、と語ったが」とか「と語ったと一部週刊誌で報じられたが」というような言及がぜんぜんないのです、私が見た範囲では。なんなんでしょうね。

そういう記事を書いているのは新聞のドラゴンズ番記者さんたちですから、「読売が嫌いだから選手を出さないんでしょ?」なんて下品な質問はしないのかもしれませんね。あるいは聞いても書かないのかも。
その意味では、こういう身も蓋もない質問をして、実際に記事にしてしまうというところが週刊誌の存在価値とも言えそうです。

投稿: 念仏の鉄 | 2008/12/13 23:11

WBC候補選手発表。
ふっふっふ、我がホークスからはちゃあんと5人もの選手が入りましたぜ(笑)。
最下位なのに、34人のうちの5人!
これは「多数の」と言ってもよいのではないでしょうか(笑)。

「世界中に散っている日本の野球人の最強メンバー」(原監督)が集結するってところに、とてもワクワクします。

そうです、私は「八犬伝」が大好きです(笑)。

でも何というか、世界各地に散っている英雄豪傑たちが「天命」の呼びかけに応えて集結するってのは、人類共通に好まれる「物語」の原型なんじゃないでしょうか。水滸伝もある意味そういう話ですし。「三十四球士」が来春、「大きな物語」を紡いでくれることを期待します。(あっ、これじゃあ「アストロ球団」だぁ!)

投稿: 馬場 | 2008/12/16 13:52

社会対する認識と常識がまったく欠落している。
星野批判は、怨念の塊の見解、だから的を外してしまう。
WBCでイチローが答えを出すよ!
まったく打てず惨敗間違いなし!
仰木さんの恩を忘れたイチロー!
カス人間が相応しい。
イチローいくら給料もらっているか知っていますか!?
必ず貴方にも分かる日が来る。
糞イチローの横暴が!

投稿: mattakutigau | 2008/12/17 04:44

>馬場さん
忙しくてアップが遅れましたがメンバー発表については別にエントリを立てました。
ホークス勢、確かに最大多数になりましたね。


>mattakutigauさん
このエントリでイチローのことは扱っていませんが。

投稿: 念仏の鉄 | 2008/12/17 12:23

つか中日は補償とかぬかしてるが

中日が優勝したって野球界が白けるだけだっての

中日の優勝なんかより日本の優勝の方が比べられないほど価値は高い。

投稿: GG | 2009/03/10 11:38

>GGさん

ま、野球に限らず経済行動全般に「名古屋モンロー主義」と揶揄される傾向を持つ地域でもありますが。

>中日の優勝なんかより日本の優勝の方が比べられないほど価値は高い。

中京圏の野球ファンが、この点をどう判断するかでしょうね。「中日の選手が出てないWBCなんかどうでもいい」と考えるのか、「WBCに中日の選手が出てないのは寂しい」(あるいは「おかしい」)と考えるのか。

ドラフト前に「WBCに出たいので、中日には指名されても行きません」なんて言い出す有力アマチュア選手が現れたりしたら面白いですが(笑)。

投稿: 念仏の鉄 | 2009/03/10 19:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50507/43248020

この記事へのトラックバック一覧です: まだそんなこと言ってるんですか、中日の偉いさんたちは。:

« またですか。 | トップページ | WBC日本代表候補発表に思う2、3の事柄。 »