« 100万ヒット記念・自選エントリ集(サッカー篇) | トップページ | 100万ヒット記念・自選エントリ集(本と映画とその他篇) »

100万ヒット記念・自選エントリ集(スポーツ一般/スポーツライティング篇)

 第3弾は野球とサッカー以外のスポーツを扱ったエントリと、スポーツライティングの書評のようなものです。

<その他のスポーツについて>

美を採点するという困難
野球とサッカーの次に多く取り上げているスポーツは、フィギュアスケートかも知れません。そんなに熱心なファンというわけでもないんですが。

氷上に咲く「時分の花」。
「浅田真央をトリノ五輪に出すべし」という騒ぎを真っ向から否定したので、荒らしさんも来ましたが、貴重なコメントもいくつかいただきました。
コメント欄の最後に書いた「幸福なシナリオ」、今のところは十分に可能性があることを嬉しく思いつつ、実現を祈っています。

ワタシをスキーに連れてってくれないのなら。
ウィンタースポーツが低迷する構造について。アイスホッケーのSEIBU廃部もショッキングな出来事です。これもいろいろ教えてくれる方がいて勉強になりました。

普通の人の、普通の人による、普通の人のための競技。
カーリング礼賛。後で出た小野寺さんの本を読むと、競技の背景に関する推測はだいたい当たっていたようです。チーム青森は世代交代に成功しているようで幸甚。

クール・ビューティーの威厳。
荒川静香の金メダルの滑りについて。その後、リンクで見たことはありませんが、時折テレビで見る彼女のスケートは、やはり味わい深くなったように感じます。

国立競技場をとりまくイヤな空気について。
サッカー専用に改修しようという動きも出てきましたが、2016年五輪が実現するか否かにもかなり影響されそうな雲行き。

歌っていた女王。
安藤美姫の世界選手権制覇に寄せて。浅田、荒川、安藤とエントリを立ててきましたが、いちばん好きなスケーターは武田奈也だったりします。

柔道の国際的地位は嘉納治五郎の政治力によって築かれたのではなかったか。
その後、嘉納家が全柔連と講道館のトップを退くことが決まったようです。嘉納家を悪役にするつもりはありませんが、全柔連や講道館が普通の組織になって国際戦略を練っていく上では、たぶんよいことではないかと思います。

伴走者が脱落する時。
競泳のレーザーレーサー問題について。日本のメーカーが悪いとか水連が悪いとか選手がかわいそうとかいう皮相的な論調には違和感がありました。日本メーカーも新作を投入して巻き返しを図っているようです。


<スポーツライティングについて>

井戸を掘った男たち<旧刊再訪>
blog開設初期には、古い本を2冊セットで語る、という趣向の<旧刊再訪>シリーズというのを時々やってました。これはJリーグ草創期を書いた本2冊。
手間がかかるのでシリーズは消滅しましたが(笑)、2冊組にするかどうかは別として、古い本を掘り起こして紹介する作業はしていきたいと思っています。

あるアメリカ人の詭弁術−−三木谷浩史社長に捧ぐ。
マーティー・キーナートの楽天GM就任を機に、彼が昔ネットに書いたコラムを批判した文章。元のサイトがなくなってしまったので微妙ですが。

『星屑たち』と、もうひとりの「アトランタ組」。
10年後くらいにさらに続編を読んでみたい本です。金子氏は今も落とし前をつけてはいません。

木村元彦『オシムの言葉』(集英社インターナショナル)
不朽の名著。加筆した文庫版も出ました。

名もない野球人へのまなざし<旧刊再訪>
これはもう、ぜひ原著を読んでいただきたい。木庭さんは野球殿堂入りすべき人物だと思います。

田口壮『何苦楚日記』主婦と生活社<旧刊再訪>
ワールドチャンピオン記念、という感じです。最近の田口サイトを見ると、寛くんはもう幼稚園児。他人の子供は早く育つものです(笑)。

真冬にビキニはたいへん結構だったのだが。
SPORTS Yeah!の休刊について。その後、老舗雑誌がばんばん潰れており、もはやスポーツ雑誌だから云々という次元ではなくなってきました。Yeah!は買い手を見つけたらしく、同じ編集長や執筆陣によるムックが出ています。WBC前に出たものは読みごたえがありました。

ベッテ/シマンク『ドーピングの社会学』不昧堂出版
ドーピングに関しては何度か書いてますが、いちばん読んで欲しいのはこのエントリ。というか、原著を読んでもらいたいわけですが。

|

« 100万ヒット記念・自選エントリ集(サッカー篇) | トップページ | 100万ヒット記念・自選エントリ集(本と映画とその他篇) »

コメント

ふらりと出没してますwお久しです^^;

書かれてきた内容を拝見していると・・・・・


被ってる部分が多いですw
星新一とか、スポーツとか・・・・。
でもまさか、武田奈也まで被るなんてw


彼女はいいですよね^^サイズがあるので期待しています。出てきた(メジャーになった)ばかりのミキティのような初々しさも良いですし。

でも今のところほぼキム・ヨナの「一人旅」状態ですけど^^;

投稿: KTY | 2009/04/01 22:06

おっと、言い忘れていましたw

百萬ヒットおめでとうございました\(>o<)/

うちじゃ死ぬまでにもなりませんwすげぇッスw

投稿: KTY | 2009/04/01 22:25

>KTYさん

ありがとうございます。ま、上を見れば1日何万、何十万の人もいますしね(笑)。
4年もやってると、こうすればアクセスが増えるだろうな、というノウハウも多少はわかってきますが、手間暇かけて無闇に増やしても別にいいこともないので、今くらいのペースでいけたらと思っています。

武田奈也の年齢は、1歳上に安藤美姫、2歳下に浅田真央。この世代のフィギュア選手は大変でしょうね。同い年の浅田舞も一時期はフィギュア引退を匂わせていましたし。でも、このへんの人たちが上位を目指して頑張っているのが日本のフィギュアの強みだと思うし、浅田・安藤だけじゃない、というところを見せてくれたらいいなと思ってます。

投稿: 念仏の鉄 | 2009/04/02 00:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50507/44508137

この記事へのトラックバック一覧です: 100万ヒット記念・自選エントリ集(スポーツ一般/スポーツライティング篇):

« 100万ヒット記念・自選エントリ集(サッカー篇) | トップページ | 100万ヒット記念・自選エントリ集(本と映画とその他篇) »