« プロ野球監督と学歴。 | トップページ | 知事選ってのは候補者に投票するものじゃないんでしたっけ。 »

スター・トレック ~受け継がれたものと、受け継がれなかったもの~

 「スター・トレック」は好きだが、トレッキーとかトレッカーとか呼ばれるほど熱心なわけではない。カーク船長や副長兼科学主任ミスター・スポックが活躍するオリジナル・シリーズは大半を見ていると思うが、その後のシリーズ作品は、キャラクターの区別が付く程度というところだ。映画化作品も全部を見たわけではない。

 それでも今度の新作映画には食指が動いた。オリジナルシリーズの登場人物たちの若き日を描く、という触れ込みの予告編は、なるほどそれらしい若者たちが頑張っているように見えた。とりわけスポックは、特殊メイクの力を借りているとはいえ、当時のスポックがそのまま現れたとしか思えないような風貌だ。久しぶりにエンタープライズ号を大画面で見るのもいいかな、と映画館に足を運ぶことにした。

 映画はジェイムズ・T・カークとスポックのそれぞれの生い立ちから始まり、彼らがそれぞれの理由で惑星連邦艦隊に加わり、出会い、USSエンタープライズ号に乗船して、巨大な困難に立ち向かう中で関係を築いていく様子を描いていく。いわば、「スター・トレック」のエピソード0だ。

 これまで何本も作られてきたスタートレック映画がテレビシリーズの設定を忠実に踏襲していたのとは異なり、J.J.エイブラムスが監督を手がけた本作は、このごろよくある「リ・イマジネーション」を称している。シリーズの設定をもとに新たに構想した新しい作品、という奴だ。
 とはいうものの、監督とスタッフ、キャストたちは、押さえるべきところはよく押さえている。プロット上の大きな変更点については、オリジナルシリーズのパラレルワールドという位置づけで矛盾を処理してしまい、その分、細部においては昔からのファンを喜ばせるような目配りを利かせている。

 上述の通り、スポックの姿は本作にも登場するご本尊レナード・ニモイ(老いた…)よりもスポックらしく見えるし、カークは無鉄砲で女好きで喧嘩っ早くて、いかにもカークの若い頃だ。やたらに文句ばかり言って周囲を困らせるドクター・マッコイの初登場シーンも、笑うしかない出来ばえだし、スールー、スコッティ、チェコフ、ウフーラら主要キャストも納得できる。伝説の「コバヤシ丸」テストも印象的に用いられている。
(このへんの固有名詞のわからない方は、適当に読み飛ばしてください)

 一方で、従来のシリーズを覆っていた安っぽさからは、本作は綺麗に脱却している。エンタープライズ号は(フォルムはずんぐりしてはいるが)美しく、宇宙船どうしの戦闘はスピーディーかつ華々しく、物語の展開は早く、生身のアクションも激しい。カークとスポックが勝負を賭けた戦闘のクライマックスには息をのむ迫力があり、従来の「スター・トレック」とは無縁の人にも楽しめる映画になっているのではないかと思う。

 しかし。

 残念なことに、私は本作を手放しで称賛することができない。
 これは違う、と思わずにいられないことがある。

 「スター・トレック」という名前のテレビシリーズは、当初1966年から3年間にわたって放映された。
 オリジナルシリーズが作られた1960年代前半は、世界がUSAとソ連の二極にわかれて対立した冷戦時代であり、USA国内では公民権運動がクライマックスにさしかかり、ベトナム戦争も始まっていた。
 そんな時代に、エンタープライズ号のブリッジでは、女性、黒人、東洋人、ロシア人、そして宇宙人との混血と、ありとあらゆるマイノリティが乗り組み、力を合わせて困難に立ち向かっていた。それだけでも製作者たちの心情が読み取れる(今回、スールーやウフーラを演じた若い俳優たちは、自分が演じる役柄は当時のマイノリティ社会の誇りと憧れであり、それを演じることで両親が喜んだ、というようなコメントを残している。どこで読んだのか忘れたが)。

 プロットにも、地球上のさまざまな対立や差別をモデル化したようなエピソードがしばしば見られた。現実の問題をそのまま描くのが難しい時代に、宇宙という別の時空を借りたということだったのかも知れない(歌舞伎がそうであったように)。
 そして、それらの困難な問題に直面するたびに、カークたちは青臭く理想を語り、ヒューマニズムに基づいた解決策を見いだそうと苦悩した。それは、時には(現実のアメリカ合衆国がそうであるように)独善的で押しつけがましいものになりかねないけれども、よくもわるくも、艦隊と己の理想に殉じるというカークの覚悟は常にブレなかった。

 だから、「スター・トレック」の登場人物たちは、戦いのさなかに、しばしば議論を交わす。それはたとえば、「ネクスト・ジェネレーション」の映画化作品である「ファースト・コンタクト」においても見られる現象だ。華々しい戦闘が、クライマックスにおいて突然ディベートになってしまう場違いさこそ、スター・トレックのスター・トレックたる所以、と言ってもいいくらいだ。
 その後の他のシリーズでも、主要登場人物たちは理想を掲げ、現実とのギャップに悩む。そんな青臭いヒューマニズムこそ、「スター・トレック」の根底に流れるものなのだと私は思っている。

 本作映画においても、敵役であるネロ艦長は、現実世界を反映しているように見える。
 自らの星の破滅に直面したネロは、故郷を見捨てた惑星連邦を恨み、スポックを恨んで、艦隊やスポックの故郷であるバルカン星、そして地球を襲う。それは、たとえばUSAの攻撃によって故郷を破壊されたテロリストたちの心性や振る舞いを連想させる面がある。

 だから、私が知っているカーク船長なら、ネロと対面したら説得を試みずにはいられないはずだ。彼の行為の不毛さを語り、彼の恨みが誤解に基づくことを教え、惑星連邦と彼の故郷の未来にとって最良の道を一緒に探そうと言い出すのではないかと思う。スポックなら、ネロの復讐は復讐の連鎖を生むのだと論理的に説明したかもしれない。
 だが、本作の若きカークはそうはしない。エンタープライズの乗組員に、ネロに理解や同情や共感を寄せる人物はひとりもいない。
 最後の戦闘場面の描き方を見る限り、エイブラムス監督は、ここで私が書いてきたような事柄に気づいていないのではなく、充分にわかった上で敢えてないがしろにしているように見える。
 そういう語り口が、私にはひっかかる。彼のオリジナルなSFアクション映画なら構わないが、これは「スター・トレック」を名乗る映画なのだ。
 <社会への問い掛けを放棄したこの映画が、『スター・トレック』の精神とファンに忠実はなずはない>としたニューズウィーク誌(日本版5/27号)の記事に、私も同意する。

 この映画そのものを否定するわけではない。充分に面白かったし、エンドタイトルで流れたオリジナルシリーズのテーマ曲とナレーションには体が熱くなった。映画館を出る時にはグッズのひとつも買いたい気分だった。
 それでも、評価は留保付きにせざるを得ないし、もしも監督に対して感想を伝える機会があるなら、こう言わずにはいられないと思う。

「面白かったよ。若いキャストたちも頑張ったね。
 でも、ちょっと違うんじゃないかな、あの結末は」


※アップ後に、Newsweekからの引用部分など、細部を手直ししました(2009.6.4 12:00)

|

« プロ野球監督と学歴。 | トップページ | 知事選ってのは候補者に投票するものじゃないんでしたっけ。 »

コメント

私はトレッキーではありませんが「宇宙大作戦」はけっこう好きだったという平均的「日本のおやじ」でありますので、「安っぽくない宇宙大作戦」ならちょっと見たいかも。現代の映像技術で丁寧につくりこまれた平成ウルトラマンが「お父ちゃん」たちに大受けだったのと同じ心理ですな(笑)。

「青臭い議論をしないスタトレ」、ご指摘のとおりと思います。
ただ、映画が製作された時期はたぶん1~2年前ですよね?
イラク戦争の泥沼化が極まっていた時期。大量破壊兵器はどこにもなかったし、武装勢力による治安の混乱で米兵がバタバタ死ぬし、米国内で「大義なき戦争」への嫌悪感がもっとも高まっていた時期です。

そんな時期に「アメリカの大義」とまではいかなくとも、カーク船長に青臭い理想論を語らせるのは、いくらなんでもあまりにも嘘臭く、映画が娯楽作品として楽しめなくなる、という判断だったのではないでしょうか。

それに白人でちょっと軽率な彼のキャラって、結構ブッシュ大統領に「かぶる」わけで、人気最低の大統領を連想させてしまったら、興行的に大コケは確実。

そんなこんなでエイブラムス監督に言わせれば「今から作っていたら違うものになったさ(笑)。」ということなんじゃないでしょうか。
オバマみたいな黒人の沈着な船長が出てくる新シリーズ…ってのはちょっと安直に過ぎますかねぇ(笑)。

投稿: 馬場 | 2009/06/03 12:59

>馬場さん

議論しなくちゃスタトレじゃない、とまで言う気はないんですよ。
でも、今回のネロ艦長は、21世紀のテロリストを想起させるキャラクターなので、ああいう人物を敵に回してしまった以上、議論しないのは違和感があります。
青臭い議論をさせたくないのなら、もっと違う話にすればいいのに、と思います。

>それに白人でちょっと軽率な彼のキャラって、結構ブッシュ大統領に「かぶる」わけで、人気最低の大統領を連想させてしまったら、興行的に大コケは確実。

カーク船長の軽率さは「私には乗組員を守る責任がある」とか言いながら危険な最前線にほいほい出て行く性質の軽率さなので、後方から行け行けと言ってるだけのブッシュとは絶対かぶりません(笑)。

>オバマみたいな黒人の沈着な船長が出てくる新シリーズ…ってのはちょっと安直に過ぎますかねぇ(笑)。

「ディープスペースナイン」の主人公は黒人司令官で、「ヴォイジャー」の主人公は女性艦長でした。このへんも伝統でしょうね。

なお、引用したニューズウィーク日本版の巻頭特集はオバマ大統領のインタビューですが、「スター・トレック」は子供の頃に<大好き>で、新作映画もホワイトハウスの映画館で見たそうです。
<皆が私を「ミスター・スポック」と言うので、見ておこうと思った>と言いながら、例の手の中指と薬指を離す挨拶をしてみせたそうな(笑)。

投稿: 念仏の鉄 | 2009/06/04 08:37

はじめまして。T_Uと申します。
いつも興味深くエントリを読ませていただいております。

本文およびコメントを読んでいて、そういえばレナード・ニモイはユダヤ系で、あのバルカン・サインはユダヤ教の儀式で使われるものからニモイ自身が思いついたものだと自伝で書かれてたなぁ、(確か長寿と繁栄をという挨拶もそうだったはず)と思い出しました。

で、カーク船長はどうしても指をあの形でとめておくことができなくてセロテープをはって無理やりしていた・・・とか(笑

最初の自伝がオリジナルシリーズ放映直後くらいに出された『私はスポックではない』で二度目の自伝が『私はスポック』というあたりからしてすでに面白いです。

私もトレッキーと言うほどではないけれどファンなので、今回の映画は見に行くかどうか迷っていましたけれど、このエントリを読んで見に行く気がかなり大きくなりました。
ありがとうございます。

投稿: T_U | 2009/06/04 15:19

>T_Uさん

こんにちは。

>最初の自伝がオリジナルシリーズ放映直後くらいに出された『私はスポックではない』で二度目の自伝が『私はスポック』というあたりからしてすでに面白いです。

懐かしいですね。「I an not Spock」は学生の頃に原書で読みました。それから二十数年経ってますが、全部を「原書で読みました」と言える英語の本って、いまだにこれ1冊しかないような気がします。お恥ずかしい。

強烈な当たり役で世に出た俳優が、後にそのイメージで見られることを嫌がる、というのは洋の東西を問わずに聞く話ですが、レナード・ニモイはどこかでスポックと折り合いをつけることに成功したのでしょうね(「私はスポック」にそのへんの事情が書いてあったのだろうと思いますが)。

>今回の映画は見に行くかどうか迷っていましたけれど、このエントリを読んで見に行く気がかなり大きくなりました。

必ずしも褒めているばかりではない感想文ですが、好きな映画ではあるので、そう言っていただけるのは嬉しいです。ご期待に添う出来栄えであることを願っています。

投稿: 念仏の鉄 | 2009/06/04 23:19

鉄さんはスタートレックをリアルタイムで見ておられた子供時代に、すでにこういった認識をお持ちだったのですか。だとしたら私とはなんというレベルの違いだろうかと、愕然とする思いです。私は、あれが現実世界(への思い)を反映していた、なんてことは、この記事で初めて知り(気付き)ました。

言われてみて思い出したのは、そう言えばウルトラマンってけっこうテツガク的に苦悩してたんだよなー、ということです。もちろん子供のときはそんなこと思いませんでしたが、ずっとのちに再放送なんかで「もしかして悪いのはこっちじゃないか」なんてことを考えているウルトラマンを見て、その真摯な青臭さにちょっと感動した記憶があります。

投稿: nobio | 2009/08/12 18:46

>nobioさん

スタートレックを最初に見たのは本放送ではなく、テレビ朝日が放映した再放送でした。私はすでに屁理屈をこねるのが好きな高校生でしたから、子供時代とはいえません(笑)。

リアルタイムでいうと、「ウルトラセブン」は「ウルトラマン」よりもシリアスなテーマを扱っているな、と子供心にも思っていましたが、後で見返すと「ウルトラマン」にも結構シリアスな話はありましたね。語り口が軽妙なだけで内容は深刻、というのが。

投稿: 念仏の鉄 | 2009/08/13 13:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50507/45216443

この記事へのトラックバック一覧です: スター・トレック ~受け継がれたものと、受け継がれなかったもの~:

« プロ野球監督と学歴。 | トップページ | 知事選ってのは候補者に投票するものじゃないんでしたっけ。 »