« 次期WBC日本代表に関する雑感。 | トップページ | 柔道女子代表チームの指導陣による暴力問題についてのツイート集。 »

松井秀喜の引退。

 遠からずこの日が来ると覚悟はしていたものの、例によって予定時刻に遅刻して会場に現れた松井の姿を見たら、やはり何とも言いがたい感情がこみあげてきた。
 席について最初に口にした「わたくし、松井秀喜は…」という折り目正しい言葉は、10年前、彼がその地を目指すと宣言した時とまったく変わらないものだった。ファンへの挨拶に始まり、引退の理由を説明し、現役生活を振り返った長い独白の中で、「引退」という言葉も、「ケガのせいで」という言葉も、とうとう口にされることはなかった。先日、同じように現役生活に終止符を打った中山雅史と同じように、彼もまた、言いたくなかったのだと思う*。ユニホームを着た時の感情表現は正反対でも、プレーへの執着、ファンへの誠実さ、己の肉体への厳しさといった幾つもの面で、彼ら2人はよく似ている。

 ただ、ヤンキースを離れ、1年ごとにチームを代わり、遂に契約してくれるチームのないまま春を迎えても、そして、ようやく契約してメジャー昇格したレイズから解雇されてもなお選手であることに固執したように、アメリカでは徹底的に諦めの悪さを見せた松井も、日本でのプレーを考えなかったのか、という質問に対しては、「10年前には巨人の四番であることに誇りを持ち、責任を持ってプレーしていた。日本に帰れば、10年前と同じ活躍を期待する人は多いと思うが、同じ姿を見せられるという自信を、強く持つことができなかった」と語った。
 川上、長嶋、王、原と、歴代の読売ジャイアンツの四番打者は、その現役生活をジャイアンツで始め、ジャイアンツで終えた。高橋由伸も阿部慎之助も、おそらく同じ道を歩むのだろう。絶頂期でジャイアンツを離れた松井は異色の経歴をたどったけれど、ことNPBでの足跡は、先人たちと同じということになった。
 ヤンキースは松井の引退にあたって、さっそく公式サイトにハル・スタインブレナーオーナー、ブライアン・キャッシュマンGM、デレク・ジーターのコメントを発表した。三者三様に、それぞれに松井への敬意と愛情のこもった文章であることは、私の拙い英語力でも理解できる。それでも、「ヤンキースの一員のまま引退するのが幸福」というような考え方はなかったようだ。
 松井は会見で、アメリカで学んだ事を問われて、長考の末に「実力がすべて、ということですかね」と答えた。世界中から人材が集まり、競争を勝ち抜いた者だけが生き残り、絶えざる離合集散がすべてである彼の地と、少年時代から晩年までをひとつの「野球界」で生きて行く日本。どちらがよいとも悪いとも言う気はないが、それが彼我の違いなのだろう。

 引退を報じるワイドショーで放送された過去の映像を見ながら、いろんなことを思い出した。
 今でこそ入団会見で「子供に夢を与えられる選手になりたい」と口走る選手は珍しくないが、20年前に彼の口からその言葉を聞いたときの驚きは、今でも私の中に残っている。18歳やそこらでそんなことを考える野球選手を見たことはなかった。そして、その目標は見事に果たされた。子供だけではない。彼より10歳年上の、私のようなおっさんにまで、大きな夢を見せてくれた。
 この20年、大仰にいえば、私は松井とともにあった。20年間の思い出を問われて「ありすぎて」と口ごもった彼と同様、私もまた絞りきれないくらいの光景が脳裏を駆け巡る。ルーキーイヤーの短かった二軍生活の中で、チョコレートの匂い漂うロッテ浦和球場で放った大きなホームランに始まり、数々のプレーを目にしてきた。活躍した日も、そうでない日も、すべてが大切な思い出だ。このブログでも何度も彼について書いて来たので、主なものを下に記しておく。改めて読み返すと、自分がどれほど彼にべた惚れだったのかを思い知って気恥ずかしい気もするが、それに値する選手であったことには微塵の疑いも持っていない。

 今日の質疑応答の中で、「自分なりに精一杯やったが、ファンの方たちがどう受け止めてくれたのか、自分にはわからない」という意味の、実に彼らしい発言もあった。数百万、数千万分の一の意見に過ぎないが、そのひとりとして伝えたい。

 あなたのおかげでこの20年間、数えきれない幸福な思いをさせてもらえました。ありがとう、松井さん。

*
 その後の質疑応答の中で「引退とは言いたくない」と自分でも語っていた。「草野球の予定もありますし」と付け加えたジョークに笑い声がさほど起こらなかったのは、それが滑ったというよりも、聞き手たちが感じていた寂しさゆえだったのだろう。


追記:過去の松井に関する主なエントリー

進化する怪物。
http://kenbtsu.way-nifty.com/blog/2004/09/post_11.html

滑り込んだ松井。
http://kenbtsu.way-nifty.com/blog/2004/10/post_4.html

ジーターを見ていればわかること。
http://kenbtsu.way-nifty.com/blog/2005/04/post_0122.html

嘘だと言ってよ、ヒデキ。
http://kenbtsu.way-nifty.com/blog/2005/12/post_087a.html

広岡勲『ヤンキース流広報術』日本経済新聞社
http://kenbtsu.way-nifty.com/blog/2007/02/post_d6d3.html

松井秀喜の戴冠。
http://kenbtsu.way-nifty.com/blog/2009/11/post-50d8.html

ヒデキがブロンクスに戻った日。
http://kenbtsu.way-nifty.com/blog/2010/04/post-54be.html

|

« 次期WBC日本代表に関する雑感。 | トップページ | 柔道女子代表チームの指導陣による暴力問題についてのツイート集。 »

コメント

一番乗り失礼します。
私も彼と歩んだ20年でした。
彼を通して色々な体験をし、
色々な方々と出会うことができました。
もう彼を超える存在に出会えることは
ないと思いますが、
彼に出会えただけで幸せでした。
本当にお疲れ様、ありがとうと言いたいです。
ところで第一子は男の子でしょうか?
現役のプレーを見せられなかったことだけが
心残りです。

投稿: 樹里亜 | 2012/12/28 20:08

>樹里亜さん

失礼なんてめっそうもない。コメントありがとうございます。
見ているだけで幸せになれる選手なんて、見物人にとっても、生涯にそう何人も出会えるわけではありません。
そんな選手と巡り会えて、デビューから引退までを見届けることができたのは、見物人にとっての幸運であったと思います。

お子さん、性別はどちらなのでしょうね。
つい、男の子が生まれて野球選手に育つことを期待してしまいます。
二世選手にはいろんなプレッシャーもあるでしょうけれど、彼の子であれば克服できるんじゃないかと。
昔、長嶋一茂に対する団塊世代あたりの思い入れを「アホか」と思いながら冷ややかに眺めていた自分が、同じようになってしまいそうですがw

投稿: 念仏の 鉄 | 2012/12/29 12:28

過去のエントリを見直してしみじみしています。

>ジーターは優勝する人気チームにいるからもてるのではない。チームを優勝させる選手だから、もてるのだ

そのジーターから、

He was someone we counted on a great deal
(我々が大いに当てにしていた、頼りになる男)と行ってもらえる松井さん…。このsomeoneには敬意がこもっていますね。

投稿: 馬場 | 2013/01/11 11:06

>馬場さん

ジーターは社交辞令もソツなく使いこなすタイプの選手だと思いますが、松井に関する発言は本心でしょうね。2009年のワールドシリーズ優勝後や、翌年、エンゼルスのユニホームで初めてヤンキースタジアムを訪れた時の、松井に対する態度は本当に嬉しそうでした。あれほどの選手に高く評価される、という点でも、松井を(そしてイチローを)誇りに思います。

それにしても、ジーターの昨年の足のケガの具合が心配です。彼の復帰なくしてヤンキースのワールドシリーズ優勝(というか進出)はないでしょうから。

投稿: 念仏の鉄 | 2013/01/13 12:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50507/56410069

この記事へのトラックバック一覧です: 松井秀喜の引退。:

« 次期WBC日本代表に関する雑感。 | トップページ | 柔道女子代表チームの指導陣による暴力問題についてのツイート集。 »